坐骨神経痛メイン画像

坐骨神経痛について

坐骨神経痛は坐骨神経という親指くらいの大きさがある人間の神経の中でも最も太いと言われている神経が痛むことでお尻から太ももの後ろ、ふくらはぎ、足の裏など主に下肢の痛みやしびれが生じること言います。他にも「しびれ」「冷たい感じ」「マヒしたような感じ」「ぴりぴりした感じ」「重い感じ」など人によって感じる症状は様々です。
坐骨神経の根元は腰にあり坐骨神経痛を訴える多くの方が慢性的な腰の違和感を感じるとともに坐骨神経痛が発症したということが多いようです。

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛

坐骨神経痛を起こす原因の多くは大腰筋・腸骨筋(腰の筋肉)の緊張、仙骨・腸骨(骨盤)等の問題、梨状筋(臀部)の緊張、ハムストリング筋・大腿四頭筋・大腿筋膜張筋などの問題があります。


梨状筋症候群

梨状筋症候群

梨状筋は仙骨の脇から大腿骨まで繋がり股関節を内側に回転させる役目を担っている筋肉であり、梨状筋症候群とはおしりの奥の方にある坐骨神経の上に付着する梨状筋が緊張することによって坐骨神経を圧迫して臀部に痛み・不調を生じさせる状態のことです。

フジサワカイロプラクティックでは梨状筋に働きけるカイロプラクティック手技で梨状筋の過緊張や梨状筋のバランスを崩している原因に対してアプローチします。

心理的な要因

あまり知られていませんが心理的なストレスが原因で坐骨神経痛を引き起こすこともあります。
ストレスによって自律神経のバランスが乱れることでカラダの筋肉が緊張するため坐骨神経痛が起こります。

椎間板ヘルニアによる痛み

椎間板について

ヘルニア

椎間板は骨と骨の間にあるクッションです。腰の骨は上から順に第一腰椎~第五腰椎までの5つの骨があります。
そして椎間板とは脊椎の骨と骨の間にあるゼリー状の線維のことをいいます。
椎間板は骨と骨の間なら腰に限らず首や背中などの脊柱にあり骨に対しての負荷を少なくするクッションのような役割を果たしています。
そのため椎間板内はとても多くの水分を含み柔軟性があります。
しかし年齢を重ねるにつれ、髪の毛が白髪になるように椎間板も年齢を重ねるにつれ水分や柔軟性がなくなり少しずつ硬化していきます。

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは椎間板の線維に何らかの負荷がかかり、外側に線維が飛び出すことで神経を圧迫することを言います。
飛び出した椎間板の線維によって神経が圧迫されることで痛み・しびれなどの症状が現れてきます。
ちなみに椎間板ヘルニアは腰だけではなく首や背中など椎間板がある脊柱ならどこにでも起きます。
腰のエリアでヘルニアが起きれば「腰椎椎間板ヘルニア」、首のエリアでヘルニアが起きれば「頸椎椎間板ヘルニア」です。
ほとんどの椎間板ヘルニアは第4腰椎、第5腰椎の間や第5腰椎、仙骨の間の関節など日常的に負担のかかりやすい部分に起こりやすいようです。

椎間板が薄い

注意してもらいたいのが医療機関のレントゲン等による画像診断で「腰の骨と骨の間が狭くなっている」「椎間板が薄くなっている」と言われ、それら椎間板の変性も「椎間板ヘルニア」と勘違いされている方が多くいますが、椎間板ヘルニアと椎間板が薄くなっているでは意味合いが違い椎間板が薄くなるなどの変性は「椎間板ヘルニア」ではありません。
歳を取ると白髪や皮膚にシワができるように椎間板の変性は椎間板自体の「老化現象」の1つです。
腰の骨と骨の間が狭くなっているのは「腰椎椎間板ヘルニア」ではなく腰の骨と骨の間が狭くなっているだけです。

椎間板ヘルニアの症状

腰椎椎間板ヘルニアになると一般的な症状として、腰の痛み、腰のしびれ、お尻から足までの痛み、お尻から足までのしびれ、足の皮膚が冷たくなるように感じる冷感などの症状が出てきます。 人によっては足首を挙上させる力が弱まったりふくらはぎや臀部の筋肉機能が低下しています。

もし「排尿が困難」「両足がマヒしている」などの症状があれば馬尾神経の圧迫が考えられるためその場合はすぐに医療機関を受診して下さい。

ヘルニア等の骨格異常が痛みの原因ではないという考え

腰椎椎間板ヘルニアは「馬尾神経圧迫」「両足のマヒ」「排尿困難」などの重度のものではない限りその後のケアや生活習慣を改めることによって症状の改善率は大幅に変わってきます。
ここで言う改善とはレントゲン等に写る椎間板の変性やヘルニアなどの外科的損傷や変性が改善するということではなく「痛み」が改善されるという意味です。

鋭い痛み・しびれを伴う発症したばかりの急性的な椎間板ヘルニアはカイロプラクティックの施術は対象外ですが、鋭い痛み・しびれが落ち着いても違和感を感じる慢性状態の腰痛はカイロプラクティックなどの手技療法がお役に立てる場合が多くあります。
そのため椎間板ヘルニアの手術は何をやっても痛みがとれなかった時の最後の手段として考えておいて下さい。

現在、椎間板ヘルニアの手術もたくさんの種類があるそうです。
ですが、どんなヘルニアの手術を受けても10年以内に再度腰痛が再発するケースが多くさらに飛び出している椎間板をキレイに手術しても術後の症状はあまり変わらないという例が多くあると世界的な臨床結果、研究の結果で判明しています。
今現在の国際的な腰痛の研究結果・臨床結果によると椎間板ヘルニア、分離症、すべり症、狭窄症など脊椎の骨格異常は痛みを起こす原因ではないと発表しています。

新しい腰痛の概念

時代とともに医療の分野も日々進歩を遂げています。数々の新しいワクチンが開発されたりとどんどん発展していますね。
ですが、腰痛についてはどうでしょうか?医療が進歩しているのにも関わらず腰痛患者は年々増加の一歩をたどっていると報告があります。
腰痛白書さんのページから「腰痛を訴える人の数を推移を調査した報告」を引用させてもらいます。

腰痛を訴える人の、数の推移を調査した報告

腰痛人口

「国民衛生の動向・厚生の指標」(厚生統計協会)での報告です。
1986年から2005年にかけての調査結果はグラフの通りとなっています。
腰痛を訴える人の数(有訴者数)は人口1,000人あたりの人数で、

     1986年: 59.1人
     2005年: 95.4人

減るどころか増えています。しかも、とても大きな増え方ですね。
ちなみに、肩こりについても腰痛とほぼ同数で同じく上昇傾向にあります。
これだけ医学や医療が発達してきているのに腰痛は減るどころか増えています。
このことをどう考えるべきなのでしょうか。

実はこのようなことから医療の進歩と腰痛患者の減少はつながらなくむしろ年々増加していることが言えます。

今までの腰痛の常識

今日まで腰痛に関して様々な原因が言われています。
「老化現象」「職業病」「安静が第一」「腰の骨が前へ反り過ぎているから」「椎間板の異常」「椎間板ヘルニア」「骨の変形」「背筋と腹筋の筋力が衰えている」などなど…。
腰痛持ちの方なら誰でも耳にしたことがあるような説明ですよね?

しかしレントゲンで腰に「椎間板の異常が発見」されても「腰痛を伴わない方」もたくさんいます。
実はこれらの説ははっきりとした「根拠」があって説明しているわけではありません。

腰痛と職業

腰痛

「仕事で重いものを持つから腰痛は職業病である」「腰を痛めるような仕事内容だから…」
あなたは職業病で腰を痛めると聞いて思いつく職業は何ですか?
主に力仕事や肉体労働者が腰痛になりやすいと考えていませんか?

実は肉体労働者と専業主婦の腰痛の割合を調べた資料によると「どちらも腰痛を抱えている率はほぼ同じ」くらいだそうです。
そして驚いたことに腰痛患者の率が多いのは無職の人たちだったのです。

このようなデータを見ると肉体を酷使する職業が腰痛になりやすいわけでもなさそうです。
無職の方に圧倒的腰痛が多いのは腰痛を引き起こす原因には「心の部分」「社会的な部分」が関与しているということではないでしょうか?

老化と腰痛

腰痛の原因について病院では老化ですと老化のせいにされてしまうことが多いことから「歳のせいだ!」と腰痛の因果関係に歳が原因と決めつけてしまうことが多いようです。
しかし背中が「く」の字に曲がっている高齢者をたまに見かけますが、背中が「く」の字に曲がっていても必ずしも全員が腰や背中が痛いわけではありません。
逆に若くて背筋が真っ直ぐキレイでも腰痛を抱えている人はたくさんいらっしゃいます。

実は老化も腰痛とは関係ありません。老化は老化です。歳をとるとシワや白髪が増えるように人間の生理的現象です。
老化という生理的現象は痛みとはつながらないのです。そして驚くことに高齢になるほど腰痛患者は減っているのです。
逆に腰痛患者で多い年代はTMSの資料によると20代~40代がピークで、この事実は老化と腰痛の関係をひっくり返すまったく反対の結果です。

骨や椎間板の変性が腰痛の原因ではない

「椎間板の異常」「椎間板ヘルニア」「腰の変形」「脊柱管狭窄症」「分離症」「すべり症」などの骨格異常がこれまで腰痛の主な原因として考えられてきました。
現在、整形外科で主流となっている腰痛の原因は椎間板ヘルニアで外に飛び出した椎間板、狭窄症やすべり症などの骨の変性によって神経が圧迫され「痛みを招く」という考え方です。
ですが、このような「骨や椎間板の変性も腰痛とは関係ない」という報告があります。

学術誌 『Spine 』1995年 にこのような報告がされています。
ここから腰痛白書さんからの文章を引用させていただきます。

腰痛を訴えて、椎間板ヘルニアと診断された患者46名と、腰痛のない健康な人46名に対して、腰部のMRIを撮影しました。
その画像に対して2名の神経放射線医が椎間板の状態を検証しました。
その結果は驚くべきものでした。

腰痛のない健康な人の76%に椎間板ヘルニアが発見されました。
また腰痛のない健康な人の85%に椎間板変性が発見されました。
発見された椎間板ヘルニアのタイプは腰痛のある人と腰痛のない健康な人との間で差がありませんでした。
このような結果から今まで腰痛の常識とされてきたことが腰痛とは関係ないということがわかっています。

さらに41名をの健常者を対象にMRIで腰部椎間板を繰り返し撮影し、5年間にわたって追跡調査したところ41%の健常者に椎間板変性の発症・進行が見られ、重いものを持ち上げる・重いものを運ぶ・身体を捻る・身体を曲げるなどの従来の腰痛になるとされる危険因子の影響は受けていなかったのです。
腰痛発症率はこの結果から椎間板変性がある人の方が低くく従来の腰痛になるとされる危険因子と椎間板の変性は腰痛とは無関係であることが分かります。

椎間板変性は遺伝

物理的因子が一致しない男性の一卵性双生児115組を詳細なアンケートとMRI撮影で椎間板変性の危険因子を調査した結果、仕事やレジャーによる身体的負担、車の運転、喫煙習慣よりも遺伝的因子の方が椎間板変性に強く影響を与えるのです。
そして椎間板の変性は3歳~10歳で椎間板への血液供給量が減少し始め、軟骨終板にも亀裂が認められ、11歳~16歳では繊維輪の亀裂や断裂といった椎間板構造の崩壊がみられています。
このような報告から椎間板変性などはやはり腰痛とはなんら関係がないことがよく分かるでしょう。

ストレス解消と腰痛

現在、世界で発表している腰痛診療ガイドラインでは腰痛の要因は心の部分・社会的な部分としています。
つまり感情的ストレス(不安・怒り・恐怖・など)や社会的ストレス(職場の問題・夫婦関係・経済的な問題)が原因ということです。
腰痛とストレスは深く結びついているということですね。そして気分を変えるストレス解消として下記のことを推薦しています。

  • 朝日を浴びる
  • 空気を入れ替える
  • シャワーを浴びる
  • 良い香りをかぐ
  • ストレッチする
  • 水を飲む
  • 食事をする
  • ガムを噛む
  • 好きな言葉を眺める
  • 目薬をさす
  • 楽しかった思い出
  • ワクワクする将来の計画
  • 美しい自然
  • 愛する人
  • 大好きな音楽
  • 笑う
  • ニュース断食
  • 瞑想

坐骨神経痛に対しての当院でのアプローチ

中殿筋のMMT

坐骨神経痛の場合、身体的な問題では梨状筋、中殿筋、内転筋郡、大腿筋膜張筋、大腰筋などの問題、骨盤、頭蓋骨リズムなどの問題があります。
多くの場合はカイロプラクティックのガンステッド・テクニックや頭蓋骨調整などによって神経バランスを整えることで良い方向へ向かいますが原因はそれだけではなく感情ストレスによる精神的問題、電磁波などによる環境問題、腸内真菌異常繁殖(カンジダ菌)によることもあります。
特にカンジダ菌は神経内に住み着くことが多く坐骨神経は人体の中でも1番太い(手の親指ぐらい)神経であるためカンジダ菌からすると最高に住みやすい部分であるようです。

キネシオロジーによるアプローチ

当院ではガンステッド・テクニックによるアプローチと同時にキネシオロジーによる【身体-生化学-精神-環境】などの人間丸ごと観ていくホリスティック(統合的)なアプローチで坐骨神経痛のより本質的な原因を探りながらバランスを整えていきます。

坐骨神経痛で来院されたクライアント様のご感想です!

痛みが嘘のようになくなり体が楽になっていました。

古河市三和地区(仮名)染野 良子 様 57歳 主婦

施術体験談23

私は今年1月半ば頃から右足に激痛が走り、整形外科に通院し、毎日、点滴・注射・リハビリ等を繰り返し、1カ月通いましたが一向に快復の兆しがなく困っていた時、知人の紹介で当施術院を訪問したのが2月16日でした。
私が平生が健康なものでカイロプラクティックというものははじめてで不安な気持ちでしたが、施術は全然痛むことなく2回、3回と施術していただいているうちにすっかりあの痛みが嘘のようになくなり体が楽になっていました。
最初先生が私を見てくれた時「重症です。3ヶ月くらいかかります。」と言われましたが約1カ月で回復し、現在は体が自由に動き主婦業に専念しています。
また、周囲に私のように悩んでいる方がおりましたならぜひ、フジサワカイロプラクティックをおススメします。ありがとうございました。

坐骨神経痛のない生活を!

当院のこのページをご覧になっているあなたは長く坐骨神経痛に苦しんでいたりマッサージに行ってもその場しのぎという状態ではないですか?
人によっては痛み止めなど「薬などに頼りたくない!」「根本からカラダを見直していきたい!」という想いで当院のホームページにたどり着いた方もいるかもしれません。
痛み・不調がカラダに現れているということはカラダからの何らかのサインではあり危険信号です。 危険信号を発しているのに薬で痛みを抑えてしまっては本当の原因の解決にはなりません。
その日その時だけのその場しのぎの状態で坐骨神経痛をこのまま放っておくと臀部だけではなく他の症状も出てきてカラダ全身に症状が現れたり体質的なトラブルも起こしやすくなります。

つまり臀部の痛みによる影響からカラダ全体が歪み始めます。

身体から出る症状はそろそろ疲れが溜まっているというカラダからのサインでもあります。
坐骨神経痛がツライ!ということは臀部からのサインが出ているということです。
「臀部の痛み」のサインが今以上に強くなる前にカラダを整え体質を改善していきませんか?

坐骨神経痛・ヘルニアについてのまとめ
  • 坐骨神経痛を訴える多くの方が慢性的な腰の違和感を感じている
  • 心理的なストレスが原因で坐骨神経痛を引き起こすこともある
  • 椎間板ヘルニアとは椎間板の線維に何らかの負荷がかかり、外側に線維が飛び出すことで神経を圧迫すること
  • 国際的な腰痛の研究結果・臨床結果によると椎間板ヘルニア、分離症、すべり症、狭窄症など脊椎の骨格異常は痛みを起こす原因ではないと発表している
  • どんなヘルニアの手術を受けても10年以内に再度腰痛が再発するケースが多く、術後の症状もあまり変わらないという例が多くある

当院に臀部の痛みを取り除きたいという想いでご来院して下さいますが、実は痛みのつらさだけでなく坐骨神経痛によって「この動作ができない!」など日常生活で当たり前のようにこなしていた動作に支障が出ていることへのストレスも感じられている方がほとんどです。
当院は身体-生体-精神-環境など人間丸ごと観るキネシオロジー、神経バランスを整えるカイロプラクティック手技によって痛み・不調の根本原因を取り除く本格的整体院です。

根本的な改善を目指すことが出来ればカラダだけでなく精神的にもずいぶんとラクになります。
ぜひ当整体院で本来の自分のカラダを一緒に取り戻していきましょう!