顎関節症の原因と対策 | フジサワカイロプラクティック

頭蓋骨1


顎関節の歪みは「首の痛み」「めまい」「だるさ」「肩こり」「肩の痛み」「頭痛」「顎の痛み」などの症状とも深く関わっています。

このページでは顎関節について解説していきます。

顎関節について | フジサワカイロプラクティック

顎関節症とは何か?

カンタンに説明すると顎の関節を「顎関節」と言います。
その顎関節の周辺で何らかの障害が起こっていることを「顎関節症」と言います。

何らかの障害とは「顎の痛み」「口が開きにくい」「顎がカクカクと音がする」などです。
症状も軽度なものから重度なものまで人によって様々です。

顎関節  20~30代の若い世代で圧倒的に女性が多い!

顎関節症は主に女性が多く、年齢では20~30代と若い世代に多いようです。

「顎関節症になりやすいのはなぜ女性なのか?」ということはまだよく分かっていないそうですが、女性の方が男性に比べて精神的ストレスや身体的ストレスに対して敏感であることや男性よりも骨格や靭帯、筋肉が弱い、女性ホルモンに関係があるのでは?という説があります。

顎関節症の主な症状

顎関節に起こる主な症状は大きく分けて4つあります。


① あごの痛み
顎関節やその周辺に痛みがあります。
口を開けたり閉めたりする時に痛んだり、食べ物を噛む時などに痛みがあります。

② 大きく口を開けることが出来ない(開口障害)
顎関節に障害がなければ縦に指3本分入るが、顎関節症による開口障害があると指2本分かそれ以下しか入らないです。
開口障害は、顎を動かすと痛みが起こるのでそれが原因で口を開けられない場合や顎関節の歪みが原因で口を開けられない場合とがあります。

③ 顎を動かすとカクカクと音がする
顎を動かしたり口を大きく開けると顎からカクカクと音がします。
人によって「ガクッ」「コツン」など鳴る音は違うようです。
音が鳴り、顎の痛みや違和感の症状がない場合は顎関節予備軍といえますが特に施術する必要はないと思われます。

④ 噛み合わせに違和感がある
顎の関節や筋肉に障害があると、顎の動きに変化が起こります。
顎の関節や筋肉の障害により「顎の歪み」が起こることで噛み合わせが変わることもあります。

顎関節症によるその他の症状

顎関節症はその他にもこのような症状を起こすことがあります。

腰痛、肩こり、頭痛、首の痛み、背部痛、頭の筋肉の痛み、耳が痛い、耳鳴り、難聴障害、めまい、吐き気、目の疲れ、自律神経失調症など

顎関節の構造

ここでは顎関節の構造と動き方を解説していきます。
顎関節は耳のすぐ横、こめかみの下あたりに左右1つずつあります。
顎関節は頬骨や側頭骨のくぼみに、下顎がはまり込むような形の構造になっています。

耳のすぐ横、こめかみの下あたりを指で触って口を開けたり閉じたりするとその部分が動きます。その動いている部分が顎関節です。

この顎関節が動いている関節の部分には関節円板というクッションの役目をするものがあり、この部分で骨と骨がこすれないようにするための役割を果たしています。

顎を動かすときに使う筋肉、口を開けるときに働く開口筋
舌骨上筋、舌骨下筋、胸鎖乳突筋

食べ物を噛む時などに使われる閉口筋(咀嚼筋)
咬筋、側頭筋、外側翼突筋、内側翼突筋

顎関節症のタイプ

顎関節症が起こるのも様々なタイプがあります。
そのいくつかをご紹介します。


1 筋肉の障害により起こるタイプ
顎関節に関わる筋肉、咬筋、側頭筋、内側翼突筋、外側翼突筋などの咀嚼筋が中心になって緊張を起こすことが原因で痛みが起こります。
頬やこめかみなどのあたりが痛みが起こり、頭部、首、肩などの顎から離れた場所にも影響があります。

2 関節包・靭帯の障害で起こるタイプ
顎関節の関節包や靭帯に炎症が起こることで痛みが生じるタイプです。

3 関節円板の障害によるタイプ
顎関節を開閉する時に、他の関節と顎関節がこすれあわないように保護している関節円板が本来の位置から前にずれたままになってしまい、障害を起こすタイプです。
クリック音と呼ばれる「カクカク」と口を開けた時に顎が鳴ることが特徴です。

4 変形性関節症で起こるタイプ
顎関節に強い負荷が長い間続いたりすると、下顎頭の表面が吸収されてその周りに新しい骨が作られてしまうことで顎関節に変形が起こります。
これが原因で痛みを起こすというタイプです。

ですが、骨の変形は異常な変化ではなく、痛みと変形が一致しないことが多いのです。
変形しているから痛みがとれないということでもないのでご安心ください。

顎関節症の原因

腰痛、肩こりと同様、重い荷物を担いだりすることが多いから「それが顎関節症の原因」とは一概にはいえません。
人それぞれ顎関節症になる原因は違ってきます。

顎関節症の原因としてかつては「かみ合わせの異常にある」と言われていましたが、現在では噛み合わせ以外にもいくつかの原因があり、それが積み重なって限界を超えた時に発症すると言われているようです。

顎関節症のいくつかの原因

1 ブラキシズム
ブラキシズムとは、「くいしばる」「歯ぎしり」「歯をカチカチ鳴らしてしまう」などのことを言います。
顎関節周辺の筋肉が緊張して顎関節に負担がかかることで起こるものです。

ブラキシズムと言われているもののほとんどは本人があまり自覚していないことが多く、無意識で歯をくいしばったり、カチカチ鳴らしていることが多いです。
特に歯ぎしりは寝ている時に起こりますので本人が気づくことがあまりないようです。

2 精神的ストレス
精神的ストレスが溜まることでも顎の痛みが起こります。
精神的ストレスが溜まることで起こる顎関節の痛みは、私、藤澤も経験したことがあります。
精神的ストレスも人によって種類が違ってきますが、主に「仕事の問題」「家庭の問題」「人間関係」「経済的な問題」のストレスが多いです。

3 噛むクセに左右差がある
食べ物を食べるとき、左右どちらか一方だけで噛むクセがあると片側だけに負担がかかり、顎関節症や顎の歪みを発症させる原因になります。

4 噛み合わせの問題
顎のかみ合わせが悪いことで顎関節症や顎の歪みを発症させます。
以上、その他にもさまざまな原因が考えられます。

顎関節症の対策方法

顎関節症の原因は日頃からの生活習慣が大きく関わっています。
ここでは、あなた自身で気をつけてほしい対策法を紹介しています。

思い当ることやヒントになることがあればどんどん実行してみてください。

1 硬いものは食べない
顎に痛みや違和感があるときはしばらくの間、硬いものを食べないように心がけてみましょう。
痛みを無視してそのまま硬いものを食べていると悪化することがあります。

2 痛みの状況に使い分けて冷シップ・温シップを貼る
するどい痛み、明らかに炎症がある痛みの場合は冷シップ、またはアイスパックを使い冷やします。
慢性的に痛みがある場合は温シップなどを使い、よく温めてください。
筋肉の緊張が和らぎ、血行がよくなり痛みが軽減します。

3 うつ伏せで寝ないこと
うつぶせで寝る体制は、顎や首の筋肉にとても負担がかかります。
出来る限り、仰向けで寝ることを心がけましょう。

4 力を抜く
顎関節に異常がある人の場合、表情筋という顔の筋肉が硬くなっています。
そして、無意識のうちにカラダ全体が緊張していることもあります。

緊張して歯をくいしばっている状態を断ち切るためにも「力を抜く」ということがとても大切になってきます。

大の字になって大きく深呼吸することを「毎日10分」は行ってください。
カラダの緊張がほぐれ、表情筋の硬さも取れてきます。

5 気持ち良いと思うストレッチを行う
顎の部分の筋肉や首、肩、頭の筋肉もストレッチするととても良いです。
上半身全体の筋肉をゆるめることは顎関節への負担を軽減させます。

ページの先頭へ