肩こりの原因と対策 | 古河市整体フジサワカイロプラクティック

肩こりの原因

肩関節

肩こり

肩こりとはどのようなことをいうのでしょうか?
基本的に肩から首にかけて重苦しい感じの症状が起こり、その周辺にかけての筋肉が緊張している場合のことを「肩こり」と言います。

肩こりの症状も人によって「重い」「痛い」「だるい」「張っている」「苦しい」「冷たく感じる」「ジンジンする」するなどさまざまです。

肩こりの慢性化

めまい 頭痛 吐き気

肩コリを抱えている多くの方が慢性的な肩こりに悩まされています。

肩コリの慢性化は「頭痛」「吐き気」「めまい」「眼精疲労」などの症状にもつながることが多くあります。

慢性的な肩こりの場合、肩の筋肉やコリをほぐすと、その時は軽くなったように感じますが、時間が経つごとに肩のこりが徐々にぶり返し、また肩に痛みやコリを感じてしまいます。

慢性化した肩こりは肩だけに原因があるわけではありません!
肩コリ、肩の痛みを取り除くには、原因をしっかりと突き止めて対処していくことが必要になります。

肩こりが起こる生理的メカニズム

肩こりで痛みや重苦しさが伴うのは肩周辺に付着している筋肉の酸素欠乏が原因です。

筋肉は酸素欠乏を起こすと硬くなる性質を持っています。

硬く緊張した筋肉の状態が長期化してくると肩周辺で血流障害が起こり、慢性的な「肩コリ」「肩の痛み」が出来上がってしまいます。
これが、肩こりが起こる生理学的なメカニズムです。

肩こり対策法のご紹介

「肩こり」「肩の痛み」が起こる原因は筋肉の「酸素欠乏」です。

酸素欠乏につながることを予防できれば、肩コリを自分でも対処していくことは可能です♪

それでは肩の痛みの原因である酸素欠乏を防ぐにはどうした方がいいでしょうか?

ここでは、自分で出来る対策をいくつかご紹介していきます。

肩こりの対策法1  こまめにカラダを動かしましょう。

近年はパソコンなどの普及と共に、椅子に座りながらその場で首や顎を前に出した状態で1日中同じ姿勢を長時間保つことが多くなりました。

このように首や顎を前に出した姿勢を長時間保つことで首や肩の筋肉に負担がかかり緊張を起こします。

すると血液循環が悪くなり酸素欠乏を起こすのです。

「同じ姿勢を長時間保つ」ことは「筋肉を緊張状態にさせている」のです。
そして、首や肩を動かさない姿勢はその周辺の筋肉にとって非常にストレスになるのです。

「1日中座っているよりもカラダを動かしていた方が楽だ!」ということをおっしゃる方がいますがまさにその通りなのです。

運動

カラダを動かすことは血液の循環を良くします。

同時に血液の循環が良いことはカラダに溜まる疲労物質の乳酸などを外に排出しやすくさせます。

だから「カラダを動かしていた方が楽!」というのは本当なのです。

「カラダを動かした後の汗は気持ちい!」これも「汗をかくことの気持ちよさ」、乳酸が外に排出されてカラダがスッキリする気持ちよさが同時に起こるのです。

一方、1日中座って過ごすと血液循環はカラダを動かしている人に比べ、当然「悪い」わけです。

すると、疲労物質である乳酸などが外に排出されにくくなるので非常に疲れが溜まりやすいです。

さらにパソコンなどでディスプレイの画面を見ることはとても強い刺激が目に入っている状態です。

「目」は人間の臓器の中でもっとも「外の空気に触れている臓器」であり「脳神経を刺激する部分」でもあります。

パソコンなどのディスプレイから流れる強い光や電磁波の影響により「目が酸化してしまう」のです。
近年の若い世代でドライアイが多いのはこのようなことが関係しているようです。
強い光は視神経を刺激し「脳を興奮」させ「交感神経の緊張」を起こします。

このようなことが慢性的な「肩こり」「肩の痛み」を生み出す要因の1つです。

自分で出来る対策としてパソコンで長時間作業する環境でもちょくちょく首や肩の筋肉を動かして「ストレッチを行うこと」です。

そして、1時間に1回ぐらい、こまめに目をアイスパックなどを使って冷やし休ませてあげましょう。
首や肩の筋肉をほぐして血行を良くすることを心掛けてみてください。

肩こりの対策法2  肩や首を温めましょう

冷えは万病の元と言われます。
カラダが冷えることによって「筋肉が緊張」し、「交感神経の興奮」につながります。

特にシャワーでお風呂を済ませている方は要注意です。

シャワーではカラダは芯から温まることはありません。
しっかりと「湯船につかること」をおススメします。

カラダの冷え、特に肩や首の周辺が冷えていると肩が凝りやすくなります。

肩や首は露出することも多くとても「冷やしやすい部分」です。
エアコンなどによる冷たい風が首や肩に直接当たることが多いと肩コリを発症しやすくさせます。

そのようなことを防ぐためにも自分なりに首や肩を冷やさない対策を心がけてみましょう。

その他にも「砂糖」「南国フルーツ」「コーヒー」などは多く摂りすぎるとカラダを冷やします。

元々、コーヒーや砂糖、南国フルーツは「温かい土地で育つもの」です。
このようなものは「温かい土地に住む現地の人が摂取するもの」です。

なので、普段からたくさん摂取している人は少し控えてみるのがよろしいでしょう。

肩こりの対策法3  頬づえをしないこと

頬づえをつく習慣がある人はこのことが原因で首、肩、顎に負担がかかり「肩こりを起こすことが多い」です。

頬づえをつくと首や肩が楽に感じますが、実際はとても「負担」がかかっています。

さらに「顎の歪み」を起こすことにつながり、その歪みから肩こりが起こります。

もし、頬づえをつく習慣がある人は意識的行わないように心がけてみましょう。

ページの先頭へ