首の痛み | 古河市整体フジサワカイロプラクティック

首の痛みでこんなことに悩んでいませんか?

  • マッサージを受けても次の日にはまた元に戻っている
  • 整体・カイロ院で首をよく揉んでもらっているけど症状が変わらない
  • 首を回してもなかなかスッキリしないで憂鬱になる
  • むち打ちをして病院・リハビリに通って電気を当ててもらっているけど変わらない
  • 首がつらくなると頭痛や吐き気も出るときがある
  • 首がつらいとやる気が起きなくて趣味もスポーツも思いっきり楽しめない

あなたのカラダもこんな風に変わります♪

目に見えて体の変化を体験できて嬉しいです!

加須市(仮名)川俣 優美 様 28歳 主婦

古河 整体 施術体験談32

首の痛み、腰痛で来院されました。

1回で目に見えて体の変化を体験できて嬉しいです。
長年悩んでいた首の痛みが解消され、また、家でのセルフケア法やささいな疑問にまで答えてくださるので通ってよかったと思います。

首の痛み

「むち打ち」「寝違え」「首の痛み」…。首が痛くなるきっかけは人によってさまざまです。
このページでは首の痛みと関わることを解説していきます。

首の痛みの多くは首だけでなく、他の場所にも「肩こり」「目の疲れ」「吐き気」「顎関節の歪み」などの症状が現れています。

むち打ちによる首の痛み

ムチウチも様々な種類がありますが、一般的によくあるのが自動車に乗っていて後ろから追突された際のムチ打ちだと思います。

後ろから追突された際の衝撃で首が「ガクン!」とムチがしなるようになり、この衝撃を前後に連続的に激しく動きます。

そのときの衝撃により「首の靭帯」「血管」「神経」「筋肉」「椎間板」などのいろいろな組織に損傷を受けてしまったことがきっかけで「首の痛み」が起こります。

このことを「むちうち」と言います。

むち打ちの主な症状

衝撃を受けてから数時間後、1週間後、人によっては何年か後になってから首の後ろに「痛み」「熱」「頭が重い」といった症状がでてきます。

大半の方が事故などをやって忘れた頃に症状がでてくるということが多いようです。

そして首の痛みの他にも「肩こり」「腕のしびれ」「めまい」「耳なり」「吐き気」などといった症状もでてきます。

まれにですが腰痛といった症状もでてきます。

むち打ちになった場合どうすればいいの?

まず、ムチ打ちを起こしてからわずかな期間(翌日~2週間ぐらいの間)で症状が出てしまった場合は、筋肉などの組織に炎症が起きています。

なので、その炎症が治まるまでは安静にしていてください。

ムチウチを起こしている首をアイスパックなどで冷やすのが良いでしょう。

そしてある程度炎症が引いてきて熱が下がってきたら、整体・カイロプラクティック院へ来院する前に医療機関の検査を受けていただくことをおすすめします。

頸腕症候群とは…

「首」「肩」「腕」に痛みが起きる様々な症状を「総合的にまとめたこと」をいいます。

痛みの原因は「頸椎への負担」、それ以外に「精神的ストレス」「内臓の機能低下」も原因の1つになります。

頸腕症候群を起こしやすいのは「パソコンなどを打つ仕事の環境にいる人たち」が多いようです。

特に首や肩に負担がかかるような「同じ姿勢を長時間とり続けたりする仕事」をしている人は、特定の筋肉に常に負担がかかっているため、このような症状が起きやすいです。

このような状況と考えると、頸腕症候群はまぎれもなく1つの「現代病」に当てはまるのではないか?と思います。

頸腕症候群の主な症状

腕、首、肩などの冷感など、しびれ、めまい、肩こりといった症状があります。

首の痛みと感情の関係

外傷による障害で首の痛みが出るだけでなく、首の痛みは「感情」とも深く関係しています。

首の1番の骨から鎖骨にかけて付着している「胸鎖乳突筋」と呼ばれている筋肉は精神的ストレスが溜まっていると緊張しやすくなります。

緊張している胸鎖乳突筋に首や鎖骨が引っ張られ、「首に痛みが起こる」こともあります。
寝違いによる首の痛みも精神的ストレスが溜まっていることで起こる場合もあります。

ページの先頭へ