四十肩・五十肩 | 古河市整体フジサワカイロプラクティック

「肩が痛い!」「腕が挙がらない!」それは四十肩・五十肩かも…

「四十肩」「五十肩」とは、40代~50代の年齢の方に多く発症する「肩関節に起こる痛み」のことです。

五十肩の画像1

「四十肩」「五十肩」は、肩が痛んだり「肩関節の運動が制限されてしまう」といったことがおきます。

正式な呼び方は「肩関節周囲炎」といいます。

肩の関節は「棘上筋」「棘下筋」「肩甲下筋」「小円筋」という4つの肩の筋肉によって動いているのです。

この4つの肩の筋肉は腕の骨(上腕骨)の部分にある「健板」といわれるところにくっついています。

この「健板」「関節包」と呼ばれるやわらかい組織が「炎症」などの障害によって肩が痛んだり動かしにくくなったりします。

炎症を引き起こす原因としては「肩周りの組織の老化」などによって変性し「炎症を引き起こす」と考えられています。

症状として「肩の痛み」「腕が後ろに回らない」「腕を上に挙げられない」といった可動性の減少があります。

四十肩、五十肩  動作での痛み

一定の方向の肩関節の動きをすることで肩に痛みを感じます。

五十肩

たとえばエプロンのひもなどを結ぼうとするときに腕を後ろに持っていく動作をすると肩に痛みが走ります。

腕が後ろにいかないのは典型的な「四十肩」「五十肩」の症状です。

ほかにも腕を上に上げるような動作をすると痛んだり「夜間や朝方に痛む」のも特徴であります。

四十肩、五十肩のほとんどは「急に肩周辺に痛みが走り」、その後「痛みとともに腕が挙がらなくなる」というパターンが多いようです。

四十肩、五十肩が発症した直後は肩関節に炎症が起きているため痛みを強く感じます。このため、無理に肩や腕を動かすのは避けた方がいいでしょう。

四十肩、五十肩は、時間が経過するにつれ、可動性も少しずつ回復し、徐々に痛みの度合いも減っていき自然に治癒こともあります。

ですが、ひどい方だと症状が2~3年と長引くケースも少なからずあります。

四十肩、五十肩の原因

現在、医学的には「四十肩、五十肩はなぜ起こるのか?」という明確な原因は分かっていません。
「老化が原因」と片付けられてしまうことも多くあります。

ですが、老化と痛みは関係ありません。

老化で起こることならお年寄り全員が肩の痛みを抱えていることになります。

ですが、そんな症状とは無縁なお年寄りもいます。
このようなことから老化と痛みは関係ないのです。

四十肩、五十肩  どんな予防をすればいいの?

四十肩、五十肩の場合、肩を動かすと痛みが走るといっても基本的には「肩を温めながら無理なく痛まない範囲で肩を動かした方がよい」でしょう。

慢性化している場合は「常に肩を温めておいたほうがいい」でしょう。

「なぜ肩を動かした方がいいのか?」というと肩を動かさないで安静にしているうちに肩関節の周りの組織が互いに「ゆちゃく」を起こし始め、「肩の関節が前よりも動かしにくくなってしまうから」です。

ページの先頭へ