自律神経の働き

自律神経についてお話します。

自律神経は私たち人間のカラダの状態をうまくコントロールしてくれるとても大事な神経です。

暑い時は身体から熱を出すように副交感神経が優位に働き、逆に冬になると寒くなるので体温を外に逃がさないように交感神経が優位に働いてくるのです。
現在、このページを書いている季節は12月です。

だから寒いです。

こういう寒い時って体が体内の熱を逃がさないように筋肉が硬くなるんですね。
ということは体を興奮させる交感神経が優位になっている証拠でもあります。
しかし、交感神経が常に緊張した状態になると体にとっていろいろめんどうなことが起きてきます。

筋肉が硬くなるだけではなく心臓がバクバクしたり不眠症になったり、痛みに対して異常に敏感になったりとさまざまです。

もちろん肌も乾燥してきて、免疫力も下がるため風邪などにもかかりやすくなります。

冬という季節自体が交感神経を優位にさせるので夜はしっかりと湯船につかり、緊張した体をリラックスさせましょうね。

シャワーで済ませることはやめましょう!!
そして食べ物の摂り方にもひと工夫が必要なんです。

例えば、温かい食べ物の場合、体の温度に合った温かさなら副交感神経が働きます。
しかし、極度に熱いものや冷たいものを急に摂取すると体がびっくりしてしまい緊張状態に入ってしまいます。

そうすると交感神経が優位の状態になってしまうのです。

このような状態を作らないためにも冷たいアイスや氷・キンキンに冷えた飲み物はとらないようにすることが良いです。
極度に熱い食べ物なら少しだけ熱を冷ましてから食べる必要があります。
熱いのではなく、温かいと思えるちょうどいい温度ですね。



フジサワカイロプラクティック ニュースレター 2008年 7月号より

ページの先頭へ