古河市で産後の骨盤矯正ならフジサワカイロプラクティックへ

女性の場合、女性にしか経験出来ない「出産」という人生の大イベントがあります。

そのため女性の骨盤は男性の骨盤とは違い構造上、横に広くつくられています。 それは、赤ちゃんが産道を通りやすくするために構造上そうなっているのです。

そして、出産の際、赤ちゃんがさらに産道を通りやすくなるよう骨盤が広がるのです。

産後の骨盤は「開いたまま」になっています。

骨盤が開いたままの状態を放っておくと、それが原因で後々になってから様々なカラダの不調が起こるため、産後1か月以上経ったころから徐々に骨盤を整える対策を取られるのがよいでしょう。

産後なかなか赤ちゃんから離れられず忙しいとは思いますが、それでも赤ちゃんを育てるお母さんが元気でなくてはなりません。

カラダの不調で悩まされ、育児で疲れて板挟みになる前に、少しでもいいから自分のための自分を作り、骨盤を整える対策、体操をして毎日元気に子育てできるように頑張りましょう!

ご自分で知識があり、骨盤体操やトレーニングできる方であれば自分で骨盤を整える体操をしても良いでしょう。

そうでなければ、骨盤に対しての知識を持った方からの指導の元、骨盤体操を行うこと。
整体・カイロプラクティックなどでしっかり骨盤を整えてもらうことが望ましいです。

間違っても産後の骨盤の開きをそのまま放っておかないこと!
なぜなら産後の骨盤の開きを放ってくと後々になってから様々な不調を起こす可能性が大きく高まるからです。

産後の骨盤の開きは様々な症状を起こします

産後、骨盤の開きに対して何も対処せずに放っておくと下記の様々な症状が起こります。

  • 出産後、体重が戻らなくなった!

    出産後、体重が増えて戻らないということはよくあります。

  • 出産後、生理痛がひどくなった!

    今まで赤ちゃんがお腹に入っていたスペースがなくなり、子宮や卵巣などの骨盤内臓の位置が変わったりしたためです。

  • 出産後、腰に痛みが出るようになった!

    出産後の骨盤の歪みが腰の筋肉に影響を与え腰痛を起こします。

  • 出産後、骨盤周辺が痛い!

    骨盤の歪みによってその周りの筋肉や関節に障害が起きているからです。

  • 出産後、下痢または便秘になる!

    骨盤の歪みが腸の働きを低下させることがあります。

  • 股関節が痛い!

    骨盤の歪みは骨盤だけでなく、股関節にも影響があります。
    人によっては肩こりや顎関節の歪みを引き起こすこともあります。

  • 出産後の骨盤の歪みによる症状

    出産後の骨盤の歪みによって骨盤の中に納まっている骨盤内臓、その周りの筋肉も影響を受けます。
    そのために女性特有の症状がひどくなったり、筋・骨格系の痛みも伴います。

    生理痛、生理不順、腹痛、便秘、腰痛、股関節痛、坐骨神経痛、足のむくみ、冷え症、頭痛、肩こり、顎関節の痛みなど。

産後の骨盤矯正は1ヶ月過ぎてからが良い!

産後の骨盤矯正

産後の骨盤矯正について当整体院では産後約1か月以上経ってから施術を受けていただくことをおすすめしています。

なぜなら、産後1か月はお母さん自身の免疫が赤ちゃんに持っていかれているため、外に出歩くこと自体がおすすめではありません。
お母さんの免疫力、体力も落ちてるため、風邪なども引きやすくウイルスに対して抵抗力もなくなっています。

そして何よりも産後1か月以内は骨盤を支える筋肉や靱帯もまだ緩んだ状態なため、骨盤を矯正しても安定しないのです。

体力や靱帯もある程度回復してきた産後1か月過ぎたあたりから施術を受けに来るのがよろしいでしょう。
後々のことを考えるなら育児で忙しくても産後のケアをしっかりやっておくことをおすすめします。

ページの先頭へ