骨盤の構造と歪み

骨盤の構造

骨盤の構造

骨盤は骨格の土台であり、とても重要な部分です。

骨盤とは「腸」や「子宮」「卵巣」「精巣」などの「骨盤内臓」と言われている大切な臓器を包んで守るように形造られている重要な骨です。

骨盤は左右の「腸骨」、おしりの上のまん中にある「仙骨」、膀胱の下の「恥骨」、座るとイスに当たる部分の「坐骨」から成っています。
解剖学上では腸骨と恥骨と坐骨を合わせて「寛骨」と呼んでいます。

骨盤の大きさも男女によって差があります。

男性の骨盤はがっちりと締まっている形をしていて、女性の骨盤は男性の骨盤と比べると横に広い形になっています。
これは出産などの関係によって女性の骨盤の方が横に広くなっているのです。

骨盤は私たちの背骨を支える重要な「土台の部分」です。

家で例えるところの「基礎の部分」です。
カラダの土台である骨盤が歪みなどの障害を起こすとカラダ全体になんらかの影響を起こることがたくさんあります。

特に女性の場合、骨盤の歪みによってたくさんの影響を受けることが多いでしょう。

フジサワカイロプラクティックに訪れるクライアントさんの場合ですが、比率でいえば、男性と比べて女性の方が骨盤の歪みが多く見つかることの方が多く感じます。

仙腸関節について

仙腸関節とは「仙骨と左右の腸骨が結びついている部分のこと」を言います。
仙腸関節は昔から医学的には「不動の関節」と呼ばれ、動かない関節と言われています。

ですが、カイロプラクティックの研究では仙腸関節も「動く関節」だと確認されています。

仙腸関節は腰に近い部分です。

腰痛を訴えられて来られる患者さんのでも詳しく調べてみると腰ではなく「仙腸関節の痛みだった!」ということもよくあります。
一般の方からすれば腰のように感じてしまう部分なのでしょう。

仙腸関節は左右前後とわずかですが歪みが起こります。
仙腸関節に限らず、骨盤のどこかに歪みが起こると二次的に他の部分にも影響を与え、その部分にも歪みが生じてくるのです。

腰仙関節

腰の骨は全部で5本あります。
5本ある内の一番下の腰の骨を「第5腰椎」と呼び、その下にある仙骨との間の関節を「腰仙関節」と言います。

解剖学上、腰の骨のなかでもっとも負担のかかる部分が第5腰椎であり、腰仙関節であります。

股関節

股関節は、寛骨臼にはまる足の骨の部分あたりの関節を「股関節」といいます。

あまり知られていはいませんが、股関節の緊張や動きの制限は「腰痛」「О脚」「足の歪み」と関わっていることが多いのです。
「足のつかれ」「足のだるさ」などにも関わっていることもあります。


骨盤の歪み

骨盤1

骨盤が歪む原因として座り方に問題があることが多い

骨盤が歪む原因について深く追究すると様々な原因が考えられます。

まず、一番大きな原因として考えられるのが座り方です。
特に座って事務仕事を長時間行っている方ほど、骨盤に与える影響が大きく、立って作業しているよりも座って作業をすることが多い方ほど、骨盤が歪んでしまいがちです。

なぜ座っている方が骨盤が歪みやすいかというと、座って事務仕事を行う場合、ほとんどが椅子に1~2時間以上は座りっぱなしになることが多いと思います。
ですが、いつまでも同じ姿勢でまっすぐきれいに座っていることはできるでしょうか?

ここに一番の問題で、長時間座っていれば、当然、カラダは疲れてきます。
そのため、なるべくラクに座りたくなっていきます。
だから、足を組んだり曲げたり、いつの間にか猫背になっていたりと姿勢が崩れてくるのです。
当然、お尻の痛くなるから、深めに座るのがきつくなり、浅く座ったりします。

立ったり座ったりという動作が多い方に関しては、素早く立つための効率を考え、最初からわざと浅く座っているという方もいらっしゃいます。

このような座り方や姿勢が骨盤にとって大きなストレスとなり、骨盤の歪みにつながる大きな原因の1つになっています。

他にも、合っていない靴を履いて歩き方が変わり、それが骨盤の歪みにつながったり、足の内側の筋肉が弱っているためにそれが骨盤の歪みにつながるケースもあります。

他にも様々な要因で骨盤が歪んでしまう原因はありますが、臨床上多く遭遇する骨盤の歪みの原因に繋がる要因として座り方に問題があることが多いように感じます。

骨盤の歪みは、腰痛、坐骨神経痛、股関節痛、生理痛、便秘、内臓機能低下、冷え症、むくみ、顎関節痛、顔の歪み、感情面、肩こり、頭痛などやホルモンバランスにも関係してきます。

骨盤の歪みは「顎関節」や「頭蓋骨」の歪みも引き起こします。

骨盤は人間の「カラダの土台」であります。

妊娠中の運動

家で例えるところの「基礎の部分」です。
この土台となっている骨盤に歪みが起こっているとカラダ全体のバランスが崩れます。

家も基礎が歪んでいれば全体が歪んできます。

特に骨盤は「顎関節」や「頭蓋骨」といった頭の骨格と密接なつながりがあります。

顎関節は「骨盤の傾き」によって歪むことがあります。
顎関節は頭蓋骨のユニットの中に入る内側の骨です。

頭蓋骨の中には私たち人間の生命を維持するために必要な脳や視床下部が入っています。
頭蓋骨の中に入っている脳は「脳脊髄液」と言う液を作っています。

脳は頭蓋内で脳脊髄液に浸されるように頭蓋骨の中でおさまっています。

そして、脳脊髄液は脊髄を通って脊髄の一番下の部分である骨盤まで流れていきます。

骨盤までたどり着いた脳脊髄液は、今度は骨盤でポンプされるように脳の方へ押し上げられ、脳へ帰っていく循環サイクルが1日に3回あります。
このような脳脊髄液の循環サイクルのつながりから骨盤と頭蓋骨はとても密接につながっています。

そして、骨盤になんらかの障害が起こると脳脊髄液の循環サイクルに影響が出てきて頭蓋骨が歪み出します。

頭蓋骨の歪みは「脳」や「視床下部」にも影響が起こり(病的なものでありません)、これがきっかけでカラダ全体のバランスの崩れにつながります。

骨盤の歪みは2つに分けられています。

1つは骨や関節の変形による「構造的な歪み」です。

もう1つは、筋肉や神経などの異常から起こる「身体機能の問題」です。

整体・カイロプラクティックでお手伝いできる歪みは「身体機能の異常から起こる骨盤の歪み」です。

骨や関節が変形している場合の歪みは元々の骨や関節自体が変形しているので整体・カイロプラクティックが施術を行うような分野ではないのです。

整体・カイロプラクティックは「身体機能の異常」からきている骨盤の歪みを調整していきます。

女性は男性と比べ骨盤が歪みやすい

性別的に見た場合、男性よりも女性の方が骨盤の歪みを起こしやすい傾向があります。

女性の場合、男性と比べ、月経などによる骨盤の環境変化がとても大きいからです。
そして、女性は男性にはない出産という大きなイベントがあり、その痛みに耐えられるように男性と比べると骨盤が柔らかく開きやすいためです。

どちらかというと男性の骨盤はがっしりしていますよね。
それに比べ、女性は男性に比べ、骨盤が骨格構造的にも横に広がっているのです。

以上の理由から女性の骨盤は男性と比べ、歪みやすいのです。

骨盤の歪みによる股関節への影響

骨盤の歪みは股関節の歪みにもつながります。
例えば、右側の腸骨がおしりから見ると下に下がっていたとします。

すると体の前から見た場合、股関節は上にあがるように歪むのです。
そして、足の骨である大腿骨も上にあがるように歪むので股関節全体が歪んできます。

骨盤の歪みによる骨盤内臓への影響

骨盤には骨盤内臓と言われる子宮や卵巣、精巣、大腸といった臓器が入っています。

骨盤の歪みはこのような骨盤内臓を圧迫したりする可能性があります。

そのようなことが原因でホルモンバランスが乱れて生理痛・生理不順を引き起こすこともあります。

他にも骨盤には大腸などもありますので便秘や下痢などお腹の調子に関わる症状も出てきます。

骨盤が歪むのは・・・・・

骨盤の歪みは日頃の生活習慣のクセが大きく関与しています。

知らず知らずに行っている習慣が原因になっていることがおおいにあります。
まずは、そんな日頃の生活習慣の原因を見直してみてはいかがでしょうか?

  • イスに座っている時についつい足を組んでしまう
  • 床に座っていると足を横座りにして座っていることが多い
  • 荷物を持つ時に腰から持つのではなく手から持つことが多い
  • 片足だけに重心を乗せて立っていることが多い
  • 膝を少し曲げて立っていることが多い

など、このような動作をするクセが生活習慣の中で多いと「骨盤の歪みを作るきっかけ」になってしまいます。 これらの動作を無意識的に行っていないか見直してみましょう。

ページの先頭へ