痛い世界からラクな世界へ | 古河市整体フジサワカイロプラクティック

痛みを痛いと感じるから痛いのです。
それとは逆にラク~と感じるからラクに感じる世界も存在します。

古河市整体フジサワカイロプラクティックのアプローチはそんなラクな世界に導くお手伝いをさせていただきます。

痛い世界からラクな世界へ

痛みのある手技アプローチからは痛い結果しか残らない

当整体院に来られるクライアントさんの中には「以前通っていた整体・カイロ院はこんなやり方だったよ~!」と話してくれる方もいます。

「ここが痛いから痛いところを集中的にもんでもらったんだけど、なかなか良くならなかったんだよぉ~」
「いつも肩の凝りをやわらかくしてもらおうと思ってグイグイ強く押してもらってたんだけど、なかなかコリが取れなかったんだよぉ~」

皆さん共通しているのは「痛いところをよけいに痛みが出るほど押してもらっている」のです。

「痛いところは強く押してもらって紛らわす!そうした方が効く!」と思い込んでいる方が多いのです。
そして「強く押してもらえる整体・カイロ院が良いところだ!」と思っているのです。

ですが、実際はスッキリした感じだけど、決して良くなっているというわけではありません。

痛いところを押してもらえる=良い整体院

これはまったくの誤解であり、間違いです。

痛いところをグイグイ押してもらって得られるのは「長い時間かけてカラダをほぐしてもらった!」という満足感です。
そして従来の整体・カイロプラクティック院のほとんどが筋肉のほぐしをメインとしたアプローチです。

当整体院は従来の整体・カイロプラクティックが行う筋肉のほぐしメインのアプローチとは正反対の一切揉むことのないアプローチ方法を行っています。

当整体院のアプローチはクライアントクライアントさんにとって、辛いこと、痛いこと、苦しいこと、きついことは一切行いません!

クライアントさんが「ラク」や「心地よい」と感じる感覚に焦点を置き、その「快感覚」を脳に認識させる、ちょっと不思議な手技療法を行います。

当整体院では「自然の法則」の観点から「痛い施術方法からは痛い結果しか残らない」ととらえています。

それは、手技による刺激が痛みを伴う刺激であれば、人間の脳は「痛み」の情報を認識するため、結果として痛みだけしか残らないのです。

つまり、痛い施術刺激から生まれるのは痛みのある世界です。

その世界には「ラク」や「心地よい」という「快」を感じる感覚はありません。

筋肉をグイグイ押すような痛みを伴う施術方法は結果として「痛み」しか残らないのです。

「痛み」ではなく「快」の「感覚」に合わせる

ではどうすれば痛みのある世界から痛みのないラクな世界へ行けるのでしょうか?

それは痛みを伴わない「ラク」や「心地よさ」を感じる「快」の感覚」を味わえば良いのです。

痛い部分をグイグイと強く押せば、当然、押されている部分は痛いのです。

痛みはカラダ全体で強い緊張を起こすため、筋肉も緊張します。
筋肉の緊張は血液の循環を悪くさせます。

そして交感神経というカラダを興奮させる神経も過剰に働き、身体機能の様々な面において悪循環が起こります。
古河市整体フジサワカイロプラクティックでは「自然の法則」の観点から「痛いことからは痛い結果しか残らない」ととらえています。

手技によるカラダへのアプローチが痛みを伴うものであれば、脳は「痛み」の情報だけを認識してしまうため、その結果、痛みを感じる世界が出来上がります。

つまり、痛みの伴うカラダへのアプローチは「痛み」という情報しか認識できていないため、その世界には「ラク」や「心地よい」と感じる「快」の「感覚」は存在しないのです。

当整体院では従来の整体・カイロプラクティックのアプローチ方法とは正反対の痛みを伴わない「ラク」や「心地よさ」を感じる手技療法を行っていきます。

クライアントさんにとって、辛いこと、痛いこと、苦しいこと、きついことは一切行いません!

クライアントさんが「ラク」や「心地よい」と感じる「快」の感覚に焦点を置き、「快感覚」を脳に認識してもらうお手伝いをしていきます。

カラダは左右どちらに曲げた方がラクか?
腕は上げた方がラクか?下げた方がラクか?

など、焦点を「痛み」ではなく、「ラク」や「心地よさ」といった「快感覚」に合わせるのです。

そのような快感覚を認識していく手技療法の主軸になっているのが「操体法」という方法です。

操体法の基本的な理(ことわり)は、カラダがラクを感じることしかしません。
そして、骨格構造を整えることに焦点を置くのではなく、クライアントさん自身が、自身のカラダを通して「快」の感覚を味わってもらうことに焦点を置きます。

古河市整体フジサワカイロプラクティックでは手技や理論も理(ことわり)も操体法や自然の法則に従って行っていきます。

「快」の感覚は痛みのある中でも、必ず「こうするとラク!」といったところがあります。
そういう快感覚を感じる姿勢やポジションを探し、そのラクな姿勢からカラダというフィルターを通して快適感覚を味わってもらうのです。

その感覚は人によって様々です。

ストレッチに似た気持ちよさだったり、カラダだけでなく心も落ち着く気持ちよさだったり、脱力できる感覚だったり様々です。

「快感覚」を認識すると体の動きも変わる!

カラダの感覚は元々「痛み」を感じるところにあるわけではありません。

ですが、痛みや不調などの症状が慢性化するほど「痛みや不調がある状態が正常な感覚だ!」と脳とカラダが認識してしまうのです。

そうなってしまうと、痛みのない快適な感覚を脳とカラダは忘れてしまい、その代わりに「痛みや不快感がある感覚」が正常な状態と認識するのです。

当整体院では「脳」と「カラダ」が忘れてしまった「快適な感覚を感じる世界」を、もう一度、再認識させるお手伝いをいたします。

「快」の「感覚」をカラダというフィルターを通して十分に味わうと痛みが改善するだけでなく、カラダの動きにも変化が現れます。

今まで挙げにくかった腕がスムーズに挙がるようになったり、呼吸しやすくなったり、痛みが出る姿勢をとっても痛みが出なくなったりなど、クライアントさんのおカラダの状態によってその変化は様々です。

そのような変化が起こるのは脳が痛い世界から、今まで忘れていた「快」の「感覚」を認識できたという結果でもあります。



ページの先頭へ