セルフケアの重要性 | 古河市整体フジサワカイロプラクティック

古河市整体フジサワカイロプラクティックに来院されたクライアントさんには施術2回目以降から「自然の法則」に基づいた様々なセルフケアを指導しています。

日頃からご自宅でセルフケアを実践してもらうことで、ご自身で快適なおカラダの状態を保つことが出来ようになっていきます。

そのようなお体の健康を保つ「自然の法則」に基づいたセルフケアの役割と重要性についてご説明していきます。

セルフケアの重要性

カラダの歪みやねじれが起こる原因のほとんどは「カラダの使い方」や「生活習慣」

そもそも、なぜカラダに歪みやねじれが起こるのでしょうか?

その原因を説明すると、自律神経の問題だったり、重金属などによる生体化学的な問題だったり、メンタル面のバランスなど様々です。
その中でも大きなウエイトを占めているのが「カラダの使い方」やその人それぞれの「生活習慣によるクセ」です。

重たい荷物を運ぶことが多い方は、重たい荷物をあまり運ぶことがない人に比べ、当然ながら腰を痛める確率が高まります。
パソコンなどのデスクワークが多い方なら目の疲れや肩こり、腕の疲れを感じやすくなります。

このように、その人それぞれカラダを酷使する部分が違えば、腰痛なり肩こりなり、症状が強く現れたり疲労が溜まる部分はそれぞれ違ってきます。
負担のかかる部分も、その人の職種やカラダのクセにより違います。

ほとんどの方が毎日違った姿勢で仕事したり体を動かしたりするわけではありません。

カラダの使い方のクセもその人なりのクセが脳にインプットされています。
すると、酷使する体の部分はほぼ毎日同じ部分です。

だから腰痛や肩こりは慢性化しやすいのです。

しかし、カラダのクセや酷使する部分を正そうとしても、慢性化し無意識に植え付けられてしまった状態は脳にインプットされやすいため、ほとんどの方が自分の気付かない間にまた負担をかけてしまう姿勢をとってしまうのです。

つまり、人間生きている以上、体を動かしている以上、酷使する部分は出てくるし、カラダのクセは出てくるのです。

カラダの歪みやねじれのほとんどが、このような慢性化した状態が原因で起きています。
いくら骨を矯正してもクセが強ければ、いずれはまた元に戻ってしまいます。

骨を1回矯正すれば「永遠に骨がまた歪むことはない!」ということはないのです。

だから、整体・カイロプラクティック院で体を整えるだけでなく、自分自身でも日頃からセルフケアすることが「疲れをためにくいカラダ」を作る秘訣です。

施術を受けるだけでなく、自分の体は自分自身でもしっかり責任を持ってケアしていくことがとても大切です!

自分自身で自分自身のカラダをプロデュースしていくのです。

古河市整体フジサワカイロプラクティックでは施術だけでなく、日頃から自分自身でもケアーできるカンタンなセルフケアもしっかり指導していきます。

セルフケアは朝起きた時と夜寝る前に行うのがベスト!

古河市整体フジサワカイロプラクティックではカラダの歪みやねじれ起こる原因は「カラダの使い方」や「生活習慣」がほとんどだと考えています。

実際にお教えしたセルフケアを「自宅でもしっかり行っているよ!」というクライアントさんと「あまりやっていません」というクライアントさんでは、改善期間や施術回数に大きな差がついています。(もちろん個人差はあります)

このことから、セルフケアを行うことがカラダの改善においても重要な要素の1つであるということが分かると思います。

では、なぜ施術で体が整える以外にも「セルフケア」が必要なのでしょうか?
その1つの理由としてセルフケアを行うことで脳やカラダに正しい状態を認識してもらうためです。

当整体院へ訪れるクライアントさんのほとんどは長い期間かけて形成された複雑な慢性症状です。

長い期間かけて形成された慢性症状は、脳が緊張状態や痛みのシグナルをカラダに向けて常に送っていたため「痛みがあることが正常な状態だ!」と、脳が誤った認識をしてしまうのです。

このように、長時間かけて形成された慢性症状の場合、脳が「正常の体の状態」を「痛みのある状態が正常」だと誤って認識をしてしまっているため、改善するのが難しくなるのです。

そこで、必要となるのがセルフケアです。

セルフケアは「痛みがある状態が正常」と誤った認識をしている脳や体に対して「これが正常な体の状態ですよ♪」と脳や体に伝えるためのツールです。

セルフケアを毎日行うことで正しい状態の信号が脳や体に流れます。
そうなることで脳は次第に「これが正常な状態なんだぁ~!」と徐々に認識していくのです。

当整体院では施術を受けるだけでなく、その後のお体のセルフケアまでしっかりとお教えしています。

さらにセルフケアを行うタイミングとしてもっとも良いのが「朝起きた時」と「夜寝る前」です。

朝起きてから、すぐにセルフケアを行うことで「これが正しい状態なんだ!」と脳や体に認識させるのです。
そうすることで「正しい体の状態」を認識しながらその日1日を迎えることができます。

そして、夜寝る前にセルフケアを行うことで、その日に溜まったカラダの疲労やクセ、歪みやねじれはその日のうちにリセットしてしまうのです。

こうやって人間が目を覚ました時と寝る前に行うことでセルフケアの「正常な状態への認識」はその日1日の状態を支えてくれるのです。

もちろん、それ以外の時間帯にセルフケアを行っても構いません。

ですが、お教えしているセルフケアは回数をこなすよりも、セルフケアによって伝わってくる「心地よさ」「快適感覚」に認識を向けてもらうことが大切です。

内なる声に耳を傾けると直感が鋭くなります!

古河市整体フジサワカイロプラクティックではセルフケアを通してクライアントさん自身でも自分自身の「内なる声」に耳を傾けてほしいと感じています。

自分の内側の声に耳を傾けられるようになると症状の改善だけでなく、クライアントさん自身の人生においても様々なメリットがあるからです。

そのメリットの1つとして、あなた自身の「直感」がとても鋭くなります。

日頃から自身の内なる声に耳を傾けるクセやついたり、その感覚に慣れてくると、クライアントさん自身のスピリチュアル的な感が鋭くなっていくのです。

その感はまぎれもなく、あなたの内側から発せられる「潜在的な声」です。

セルフケアを通して体だけでなく、心もどんどん良い方向へ向かい、あなたの感覚が鋭くなっていくのです。

施術を受けていただくだけでなく、クライアントさん自身でも「内なる声」を訊く感覚も養ってもらいながら、自身でもセルフケアしていける自立した健康づくりをお手伝いしています。



ページの先頭へ