ハードではなくソフトのアプローチが得意 | フジサワカイロプラクティック

フジサワカイロプラクティックは骨のズレや歪みなどのハード面(骨格構造)を整えていく従来の整体・カイロプラクティックとは違い、脳や感覚、魂などソフト面からのアプローチを得意とする、ちょっと不思議な整体・カイロプラクティック院です。

こちらのページでは、骨のズレや歪みなどのハード面(骨格構造)を整える従来の整体・カイロプラクティックと、脳の認識やカラダの感覚、魂、スピリチュアルなどのソフト面からアプローチする当整体院の考え方やとらえ方の違いについてご説明していきます。

ハードではなくソフトのアプローチが得意

古典的なカイロプラクティックへの違和感

フジサワカイロプラクティックという名前の通り、当整体院 院長 藤澤も開業当初はカイロプラクティックだけの技法で施術を行っていました。

学生時代、カイロプラクティック界の中で最高峰と呼ばれるガンステッドテクニックをみっちり叩き込まれ、技術や理論もたくさん勉強し、練習しました。

そのため、開業してから数年間、様々な臨床体験をこなし、様々な理論の矛盾に気づき、悩みながらも、自分が行うカイロプラクティックの技術や理論に対してはある程度のプライドも持っていました。

しかし、そんなプライドをカンタンに壊すほどの衝撃的な内容の手技療法に出会いました。

それが「操体法」です。

「操体法」については詳しくはここで書きませんが、私にとって操体法との出会いはとても衝撃的でした。

カイロプラクティックの技法ではなかなかうまくいかなかったり時間がかかっていたことが、操体法ではカラダを「快」の方向へ誘導しただけですぐにカラダに変化が起こったことに驚いたのです。

このことに興味を持った私は「操体法」を本格的に学び始めたのです。

本来、自然治癒力とは人間だれにもあるものだと思います。

その自然治癒力の働きを従来の整体・カイロプラクティックではアジャストメント(骨への矯正)という外側からの刺激によって引き出そうとします。

しかし、そのアジャストメントによる行為自体が、何か意図的にカラダを外側から操作しているように感じてしまい、違和感を覚えたのです。

私は操体法を学ぶにつれ、本来、自然治癒力というのは、外側の刺激によって働くのではなく「人間の内側から自発的に働くのが自然な流れなのでは?」と感じてきたのです。

ズレた骨格や歪んだ骨を元の正常な位置へ矯正することで神経への圧迫がとれ、自然治癒力が働くと考えたのはあくまで人間です。

もちろん、従来の整体・カイロプラクティックの方法論や理論を否定するわけでもなく、痛みや不調が改善しないといっているわけではありません。

ただ、私個人として「操体法」を学び、その奥深さを知り「自然の法則」に従ったアプローチ、考え方になってからは今まで学んできたカイロプラクティックの論やアプローチは、何か体の流れに逆らっているように感じたのです。

骨格構造論に当てはめて操体法の世界を表現するならば、ズレている骨や歪んでいる骨を元の位置へ戻そうとすること事態が自然の流れから逆らっているのです。

痛みのある部分を矯正したり筋肉をほぐすこと自体も「痛みをどうにか和らげよう」と痛みに焦点を合わせ、痛みと戦っているため自然の流れに逆らっているのです。

つまり、痛みと戦って、勝てば、痛みがなくなるということを意味します。

筋肉はほぐせばほぐすほど硬くなります!

従来の整体・カイロプラクティックはカラダの歪みや骨のズレによる骨格構造の異常を元の位置へ矯正することに目を向けています。

そのため、歪んでいる背骨に対して「ボキッ!」と骨格を元の位置へ矯正するアジャストメントを行います。

コリや緊張のある筋肉が見つかれば、そこをほぐすのにグイグイ押していきます。

特にマッサージ慣れや揉まれ慣れ、リラクゼーション慣れしてるクライアントさんの場合、「強く揉んでもらわないと自分には効かない!」という図式が出来上がっていることがほとんどです。

そのためクライアントさんも「そこは凝っているからもっと強く押して!」と術者に対して要求してしまいます。

ですが、実際は筋肉のコリや緊張はほぐせばほぐすほど、揉めば揉むほど、刺激が強ければ強いほど、今以上にコリや緊張が強くなります。

だから、ほぐしを受けたその日は軽く感じても、次の日はまた元に戻ってしまうのです。

人間のカラダは外側から強い刺激を受けると防衛反応が働きます。

そのため、いくら筋肉をほぐしても柔らかくなることはなく、逆にますます緊張してしまいます。

特にマッサージ慣れした方などの場合はその傾向が強くあります。

この現象は足にタコができるのと同じように、筋肉もマッサージやほぐしなどの外部の刺激からカラダを守るようにと硬くなるのです。

足にできるタコは、歩行の際、靴の革と皮膚がすれたり当たることによって、足を外部の刺激から守るために皮膚が厚くなったことをタコと言います。

そのような足にできるタコのような現象が筋肉にも起こるのです。

だから、強くほぐせばほぐすほど、強くもめばもむほど、よけいに筋肉は硬くなります。

このようなコリや緊張をほぐすアプローチは、完全に痛みやコリと真っ向から戦っていると言えるでしょう。

「痛み」に焦点を当てたアプローチでは「痛み」は改善しません!

いくらコリや痛みと戦っても、結局その場だけで、時間が経つとまた痛くなります。

なぜなら、術者もクライアントさんも、コリや緊張している筋肉をじっくりほぐしていけばコリや緊張は取れるものだと思っているからです。

痛みを我慢して痛い部分をほぐせば痛みは和らぐと思っているからです。

ですが、痛みに対して痛みの生じるアプローチを行ってもその結果は痛いだけです。

このような考え方や方法は「自然の法則」からすれば、カラダの流れに逆らった方法といえます。

カラダの流れに逆らうことを行うと、良くなるはずの痛みもなかなか改善されないのです。

ここではっきり言います。

もんだり、ほぐしたり、強く押してみても「痛み」は改善されません。
むしろ悪化します。

「痛み」に焦点を合わせ、痛みと戦うと、困ったことに痛みはなかなか改善されないのです。

ハード面ではなくソフト面をアプローチ

従来の古典的なカイロプラクティックの理論・考え方では骨の歪みやズレを「アジャストメント」という「ボキッ!」と関節を鳴らす矯正法で元の正常な位置へ骨格を整えていきます。

そのように骨格を正常な位置へ矯正することで、骨のずれによって圧迫されていた神経の働きが正常になり、自然治癒力が働き出すと考えられています。

つまり、カラダの歪みや骨のズレを元の位置へ正せば、痛みや不調などの症状は改善されると考えています。

従来の古典的な整体・カイロプラクティックでは「痛み」の原因はカラダの歪みや骨のズレによる骨格構造の異常と考えています。

そのため、骨格構造の異常を元の位置に矯正することで痛みが改善するというハード(骨格構造)を重視した考え方です。

一方、フジサワカイロプラクティックでは、従来の整体・カイロプラクティックの骨格構造論とは異なる「自然の法則」に従った流れに逆らわない「操体法」という手技を行っています。

従来の整体・カイロプラクティックのアプローチ方法とは違い「操体法」では、ハード(骨格構造)への矯正を重視するのではなく、脳や感覚、魂といったソフト面を重視したアプローチを行います。

本来、痛みを感じているのはカラダではなく脳です。

痛みの信号を脳が察知することでカラダに痛みが起きます。

その痛みの信号がなくなったり、痛みとは別の信号に切り変わったりすればカラダの痛みはなくなります。

当整体院が行う「操体法」は骨の歪みやズレなどの骨格構造異常とは戦いません。

操体法は「痛みの信号」をカラダというフィルターを通して「ラク」や「心地よい」と感じる「快」の「感覚」に切り替えるアプローチ方法です。

従来の整体・カイロプラクティックでは痛みの原因は「カラダの歪み」「骨のズレ」から起こると考えているため、骨格や身体構造などのハード面ばかりにどうしても目を向けてしまいます。

骨格構造などのハード面を整えることも大切ですが「操体法」で大切にしているのは、脳の認識やカラダの感覚、魂などのソフト面です。

レントゲンなどの画像診断や病気でもない病院の検査では異常のない慢性的な痛みや不調の原因は、ハード面の問題にあるわけではありません。

痛みや不調などの慢性症状のほとんどが、脳の認識やカラダの感覚、魂などのソフト面の問題にあります。

転んで膝や肘をすりむき、出血し、転んだりどこかへぶつけた痛みがあれば、それはケガによるハード(カラダ)の問題です。

ですが、腰痛、肩こり、頭痛などの慢性症状の原因は、カラダには外傷がないのに脳が痛みを認識していたり、カラダがラクな感覚を忘れてしまっていたり、心のどこかで治ってほしくない自分がいたりするなどのソフト面の問題がほとんどです。

フジサワカイロプラクティックでは従来の整体・カイロプラクティックが行う骨格構造のアプローチとはまったく異なる、脳の認識、カラダの感覚、魂やスピリチュアルなどのソフト面に焦点を合わせたアプローチを行っていきます。



ページの先頭へ