フジサワカイロプラクティックの施術方針

カイロプラクティックは対処療法ではなく根本療法です。

根本療法のため症状は追いません。カラダの歪みに対しても直接アプローチしません。

行うことは症状や歪みを起こす根本原因であるサブラクセーション(神経バランスの乱れ)を、神経のトーンを聴き分けながら見つけ出し、アジャストメントによって(矯正)によって取り除くことです。

根本原因を取り除くことで自然治癒力が高まり、人間本来の姿である「寝れば良くなる」という自然な状態を目指していきます。

カイロプラクティックは病気治しではありません

正常の中にある異常を整えます

整体・カイロ院によっては難病も改善できると謳う院もありますが、あくまで整体・カイロなどの手技療法の立場は病気治しではありません。

「レントゲンやCTなどの影像検査では異常なし」「血液検査なども異常なし」など、医療機関の病的検査では正常と判断されたけど、慢性的な腰痛・肩こりなどの痛み・不調に悩まされている方、つまり、神経伝達のトラブルから痛み・不調が起きている方を得意としています。

慢性的な痛み・不調の原因は、脳と神経の情報伝達の流れが低下することでカラダに様々なトラブルが起こると近年のカイロプラクティックではそう考えています。

病気ではなく、正常の中で起こる異常な流れを観ます。

医療機関では正常と言われたけど、腰痛・肩こりなどの慢性的な痛み・不調が起きている多くの原因は脳と神経の情報伝達の流れが低下することで起きているカラダのトラブルです。

痛みが起こる過程

フジサワカイロプラクティックの考え方

従来の整体・カイロとは捉える観点が違います

フジサワカイロの考え方

従来の整体・カイロでは痛み・不調が起こる原因を骨のズレや歪みなどの骨格構造の異常から起こると考えます。

当院では痛み・不調の原因は骨のズレや歪みなどの骨格構造の異常から起こるのではなく、脳と神経の情報伝達の流れが低下したことで起こる神経のトラブルが原因だと考えます。

つまり、痛み・不調の原因はハード(カラダの構造異常)から起こるのではなくソフト(脳と神経の伝達)のトラブルから起こるととらえています。

慢性症状の場合、痛み・不調のある部分に原因はない

骨折、捻挫などの外傷やギックリ腰などによる炎症での痛みが強い急性症状は、明らかに痛みが起きている部分に問題があります。

そのため、骨折、捻挫などによる外傷、その他の炎症による急性症状は接骨院、または整形外科などの医療機関を受診して下さい。

しかし、同じ痛みでも外傷や急性症状ではなく「いつもなんとなく腰や肩が重い」などの慢性的な痛み・不調となると話は変わり、慢性症状のほとんどが痛み・不調がある部分に原因があるわけではありません。

だから、痛み・コリがある部分を、マッサージや整体で一生懸命揉んだりほぐしてもらい、その時は気持ち良くなっても、またすぐに痛みやコリを感じてしまうのは、痛み・不調の原因を的確にとらえていない証拠です。

脳と神経の情報伝達のトラブルが慢性症状の原因

ほとんどの慢性症状は痛み・不調が起きている部分の損傷や骨のズレや歪みなどの骨格構造異常が原因で起きているのではなく、脳と神経の情報伝達率が低下することによって起こる神経トラブルが原因です。

脳と神経の情報伝達

ということは、神経情報伝達の伝達率が上がれば…

  • 栄養もうまく行き渡る!
  • 免疫力が上がり、リンパの流れも良くなる!
  • 血液の流れも良くなり、筋肉の機能がアップ!
  • 筋肉機能が復活すればパフォーマンスもアップ!
  • 乳酸も排出されやすくなり、コリや疲れも取れる!

その結果として、痛み・不調の改善へとつながります♪

多くの検査を行う理由

症状改善に重要なのは根本原因を炙り出すこと

痛み・不調の改善のために多めのアプローチをした方が改善しやすいと思われがちですが、実際、改善に必要となる施術刺激は少なければ少ないほど、早期改善へとつながり、自然治癒力も高まりやすくなります。

実は、症状改善に一番重要となるのは整体刺激量の多さではなく「どこに問題があるか?」「どんな原因があるか?」慢性症状に関係する問題を、様々な検査法によって事細かくあぶり出すことです。

原因はカラダだけではありません。
生体面(栄養・重金属など)、メンタル面、環境面、エネルギーなど、様々な分野から慢性症状と関わる原因をたくさん炙り出せれば出せるほど、それが改善の近道へとつながります。

検査8割 施術2割 を心がけています

検査8割 施術2割とは、当院の施術で時間をかける率の割合を示したものです。

どれだけカラダをアプローチできたか?よりも、検査によっていかにたくさんの原因をカラダの表面にあぶり出し、顕在化させることが出来るか?を行うほど、カラダは変化しやすくなります。

フジサワカイロプラクティックではキネシオロジーによる筋反射テストを主として、生体化学検査、関節可動域チェック、体幹チェック、治癒力反応チェック、圧痛検査など、毎回施術の度、常時、約200~300項目の検査から根本原因を炙り出していきます。

フジサワカイロプラクティックの施術スタイル

施術理論

これは私が治癒の本質を求めて私自身が理解・納得・確信できた考えです。
これが正解というわけではりません。その答えは人によって違うかもしれません。

ただ私から見て、成功している、整体・カイロプラクティックなどの手技療法家で、達人の域に達している先生方の共通点として間違いなく全員に言えることはクライアントさんの潜在意識にアクセスしているということです。

これこそが私が知りたかった治癒の本質です。

ただ、各々の手技において、その潜在意識にアクセスするためのプロセス・施術方法や見解が違うだけで、最終的に行きつく先は一緒だと言えます。
それを踏まえたうえでの私の施術理論です。

私の場合、カイロプラクティックによるガンステッドテクニックという矯正(アジャストメント)を行います。
ですが、アジャストメントがガンステッドテクニックなだけでアジャストメントをどこにするか決める検査方法はナーボスコープやレントゲン分析をするガンステッド方式ではありません。

私の場合、ガンステッドテクニックだけでなく、AK(アプライドキネシオロジー)、アクティベーターメソッド、操体法など、数種類の手技を学んできましたので、それを総括して出した理論です。

まず、アジャストメントにおいては現在、骨盤(仙骨、腸骨など)と上部頸椎(首の1,2番)以外はほとんど行っていません。
なぜなら、その間にある背中や腰の問題は骨盤や上部頸椎の2次的なものだと考えているからです。

カイロプラクティックの考えで言うと、背中や腰の問題のほとんどがフィクセ―ション(擬似サブラクセーション)だと考えているからです。
その確信を得たのは、操体法による座位での三軸操体法で、骨盤にかかる重力バランスを用いて骨盤を調整するというやり方です。

この方法を使って背部痛や腰痛が劇的に変化することを臨床上よく見てきたからです。

この観方をカイロプラクティックで応用するとなると背骨や腰の矯正はほとんど必要なくなるということです。(実際はこれ以外のプロセスはもっとあります)

そして上部頸椎こそ最も大切な部分だと言えます。
なぜなら、首から下をいくら正しい状態へ整えても上部頸椎に問題があれば、その正しい状態を認識してくれないからなかなか改善にたどり着かないからです。

上部頸椎はカラダにある神経のスタート地点であり、脳幹がある部分でもあります。
脳幹は私たちが生きていく上で欠かせない部分であります。

日頃、意識しなくても心臓や内臓が動いていてくれるのは脳幹がそうやって司令を出しているからです。
いわゆる自律神経をコントロールしている部分が脳幹です。

つまり、このスタート地点が最初から狂っていれば、良くなるものも良くならないのです。

例えばですが「腕を曲げろ」という指令が伝わる回路で説明すると、カラダから脳に伝わる指令が100%来ていたとして、それを脳がその司令をキャッチしてカラダにその司令を送り返します。
この流れを求心性(カラダから脳)、遠心性(脳からカラダ)と言います。

しかし、上部頸椎に問題があると、たとえ求心性がしっかりできていても、遠心性(脳からカラダ)において60パーセントしか認識が伝えてられなければ問題になります。
それが原因でいくら首から下を整えても、その情報をキャッチする脳、脳幹がバランスを崩していればなかなか良くならないのです。

上部頸椎は自然治癒力そのものだと私は思っています。
上部頸椎に問題があると、自然治癒力そのものが低下しているため、良くなるものも良くならない…。
そのような大元が上部頸椎なんだと感じています。

だからしっかりと正しい情報を認識できるようにするために上部頸椎をアジャストメントによって整えることが必要になります。
つまり、カラダから脳へ、脳からカラダへの流れをうまく循環できるようにしてあげることが自然治癒力を引き出すことにつながると考えています。

おおざっぱではありますが、この流れをいかに整えていけるか?が自然治癒力とつながるカギになっているとフジサワカイロプラクティックでは考えています。

上部頸椎理論1

上部頸椎理論2

根本原因である上部頸椎へのアプローチ

慢性症状と上部頚椎の関わり

長期化した慢性症状の多くが必ずと言っていいほど上部頸椎にサブラクセーション(神経バランスの乱れ)があります。

そのため、慢性症状がある場合、当整体院では必ず上部頸椎のサブラクセーションがあるかどうかを確認します。

他の整体・カイロプラクティック院で施術を受けてもなかなか改善しないという方は、上部頸椎の問題を見逃しているケースが多くあると思われます。

上部頚椎とは?

上部頸椎

まず、人間の首の骨は全部で7つあります。上部頚椎(じょうぶけいつい)とは、首の一番上にあるアトラスと言われる骨と、首の二番目にあるアキシャスと言われる骨のことを言います。

このアトラス(頚椎1番)とアキシャス(頚椎2番)は人間が生きていく上でとても重要なところであり、自分のカラダを自ら修復する自然治癒力の働きにも大きく関係する部分です。

当整体院では、上部頸椎=治癒力そのものだと解釈しています。

上部頚椎に問題あるとなぜ改善しないのか?

上部頚椎にサブラクセーション(神経機能低下など)があると、あらゆる面で問題が起きるため、上部頸椎に問題ないケースと比べると改善が難しくなっています。
上部頚椎は「脳」「脳幹」からカラダ全体に指令が送られる神経の最初のスタート地点の部分です。

その最初のスタート地点となる上部頚椎にサブラクセーションがあれば、そこから先の脊椎やその脊椎と関連する臓器など、すべてに問題が起きていきます。

例えば、上部頚椎にサブラクセーションがなく、正常な状態であれば、脳から送られてきた指令を100%カラダに伝えることができます。

しかし、上部頚椎にサブラクセーションがあれば、脳がカラダにうまく指令を伝えられないため、本来であれば100%伝えるはずの指令が40%しか届かないという状態になってしまいます。だから、カラダが誤作動を起こし、様々な不調が起こるのです。

それだけでなく、上部頚椎にサブラクセーションが起こると、本来なら自動で働くはずの自然治癒力もうまく働かなくなり、それが原因で治癒力の働きが低下していくのです。
だから、一生懸命、脊椎にあるサブラクセーションを取り除き、神経バランスを整えても、それを正しく認識するはずである「脳」「脳幹」が上部頚椎のサブラクセーションによって誤作動を起こしていると、本来なら働くべき自然治癒力の働きが、うまく作動しないため、良くなるものも良くならないということが起きてしまいます。

ガンステッドテクニックによる上部頸椎へのアジャストメント

カイロプラクティックの世界では頚椎をうまく矯正できる先生は少ないと言われています。

特に上部頚椎となると、またさらにハードルが高くなり、多くのカイロプラクターに普及しているディバーシファイドと言われるテクニックのアジャストメント(矯正)ではおそらく上部頚椎までは適切な刺激が届かないでしょう。(私自身の経験や師匠の臨床経験からも)

古河市で上部頚椎が矯正できる数少ない施術院

カイロプラクティックによる手技で上部頚椎をアジャストメントする方法はいろいろありますが、その中でも代表的な方法が2つあります。
1つはH・I・O(ホールインワン)テクニックまたの名をターグルリコイルです。

ターグルリコイルを行う先生方のほとんどは上部頸椎だけを専門としていて、上部頸椎以外の腰や背中、骨盤などは一切手を加えることはなく、上部頸椎のみで結果を出すというスタイルをとっています。

ターグルリコイルだけを行うカイロプラクターの場合、ストレート派、またはストレートカイロプラクティックと呼び、ターグルリコイルによるアジャストメントも大変難しい部類に入ります。

そして、もう1つがガンステッドテクニックによる上部頚椎のアジャストメントです。

ガンステッドテクニックによる頚椎のアジャストメントこそ、カイロプラクティック・テクニックの中でも最高峰にして最難関と言われているテクニックです。
ガンステッドテクニックを行うカイロプラクターのことを親しみを込めて本場アメリカではガンストロイドと言うそうです。

腰や背中をガンステッドテクニックでアジャストメントできるカイロプラクターはいるが、頚椎のアジャストメントとなると、出来るカイロプラクターはわずかに限られてくると言われています。
ガンステッドによる頚椎のアジャストメントはとても早く、シャープで深く、ダイナミックさを残しながら繊細です。

受けたその瞬間から多くのクライアントンさんが何かが変わったのを感じ取れます。

痛み・不調と関わる問題は一括で処理します

痛み・不調の原因となるのは骨のズレや歪みによる骨格構造異常ではなく、脳と神経の情報伝達の繋がりが低下したことで起こる神経トラブルであり、症状のある部分に物質的な異常が起きているわけではありません。

つまり、脳と神経の情報伝達という体内での電気信号のやり取りのパーセンテージが低くなることで痛み・不調は起こるため、症状のある部分に直接触れなくても、脳と神経の情報伝達の繋がりを上げてあげれば変わるということです。

当院では脳に直接、刺激が伝わりやすい骨盤、頭蓋骨、上部頸椎に対して、検査であぶり出した神経トラブルが起きている部分の情報を1つに集約させ、そこで一括処理します。

アプローチとしては、ほんの数十秒、骨盤や頭蓋骨に手を当てたり、上部頸椎に対して瞬間的な刺激を入れるだけなので、まったく痛みはありません。(音が鳴ってビックリすることはあります)

もし本当に慢性症状の原因が症状のある部分にあれば、このようなアプローチをしてもほとんど変化はないでしょう。

しかし、当院へ訪れる痛み・不調の慢性症状をお持ちの方の多くが骨盤、頭蓋骨、上部頸椎に対して、十数秒のアプローチだけでその場でカラダの変化を体感されています。

逆に言えば、慢性症状の原因の多くが症状のある部分で起きているわけではないというまぎれもない決定的な証拠でもあります。

フジサワカイロプラクティックの施術哲学

開業当初から私が感じていた疑問です。
カイロプラクティックの施術によって症状が改善する人としない人がいるのだろう?
もちろん、術者の腕や判断が悪いということもありますが、それ以上に何かあったり、それ以前の問題だったり…。

治癒の本質とは何なのか?

この答えとなる確信が知りたくて、たくさんの本を読みました。
興味があるセミナーや勉強会にもたくさん出席しました。
カラダだけでなくメンタル系のセミナーにも行きました。

その中でもこれなら答えが分かるのではないか?と感じたのがAK(アプライドキネシオロジー)の勉強会です。AKの内容はまさに知りたいことだらけの宝庫でした。
2年間、毎月1回、横浜まで勉強に行きました。

おかげで知識は格段に増えた。今まで見えなかった部分も見えるようになった。
カラダの観方や考え方も変わった。

でも、治癒についての本質の答えは出てこなかった…。

そこからすぐにフィシオエナジェティックというホリスティックなキネシオロジーとも出会い、セミナーに参加した。 運よくフィシオエナジェティックの創始者であるラファエル先生より直接指導も受けた。

フィシオエナジェティックは本当に素晴らしいキネシオロジーだと思う。
数あるキネシオロジーの中でも、フィシオエナジェティックは群を抜いてずば抜けていると思う。

ただ、フィシオエナジェティックをやり出すとカイロプラクター、手技療法家とは言えず、完全にホリスティックな世界に入ってしまう。 自分の中ではそこが引っ掛かった。

そこから先に操体法と出会う。

この出会いは自分にとって大きな転機となり、操体法と出会って5年後、自分の中の操体法がやっと出来るようになった頃に、ようやく操体法を通して治癒の本質が見えてきたのです。
その答えに操体法を通してたどり着いたから自分は操体法で骨を埋める覚悟でいたが、どうやらそうはさせてくれないらしい。

治癒の本質が見えた途端、最終的に向かう先はどの手技療法も同じなのだと分かってきたのです。

その瞬間、自分の中にあったカイロプラクティック魂が爆発したのです。
治癒の本質が知りたくていろいろ探してみたけど、最終的に自分は、やはり、カイロプラクターだったようです。

そこをきっかけにカイロプラクティックって楽しくしょうがない!毎日、カイロプラクティックの哲学の本を読んで読んで読みまくる日々…。
おかげでカイロプラクティック哲学の中に、治癒の本質が書かれていたことを知る(笑)

しかも、その答えは自分が学生時代から知っていたこと(笑)
本当、遠回りしまくった。でも、そのおかげでやっとその言葉が腑に落ちたし確信できた。

そして私が出した治癒の本質の答えが、この哲学なのです。

一番素晴らしいドクターは治療者ではない。
あなた自身の自然治癒力である

サブラクセーションを取り除くためのアジャストメントを本当に必要とする1~2ヶ所のみ行い、後は自然に任せなさい。

あくまでざっくりですが(*^_^*)
もちろん、この言葉の裏やその過程、プロセスがあってのこの哲学です。

改善に向かうにはあなた自身もカラダの変化を受け入れる気持ちが大切です

施術において私が大切にしているのは「同調」です!

院長 藤澤が日々患者さんを施術するうえでもっとも大切にしているのは「同調」です。

「同調」の意味は人によってとらえ方や解釈は違うと思いますが、私の中で改善していくクライアントさんの気持ちを言葉で表すと「同調」という表現が一番しっくりきたのでそのように表現しています。

私は「同調」という答えを出すまで「良くなるクライアントさん」「あまり変わらないクライアントさん」では「いったい何が違うのか?」いつもその答えを探していました。

真剣に施術されている整体・カイロの先生であれば、一度や二度、誰もが悩み、考えるだろう大きな壁の1つだと思います。

私自身もそうとう悩み、時にはスランプに陥ったこともあります。

「腕がまだまだ未熟なのか?」
「これで良くなるのになぜあのクライアントさんは変わらないのだろう?」
「体は調整されているのになんで痛みがとれないのだろう?」

いつもこのようなことを心の中で自問自答しながら繰り返していました。
もちろん専門の医療機関を受診すべき場合を除いてのことです。

ですが、ある日突然ですが、偶然にも体が良くなるクライアントさんに共通している部分に気づいたのです!

それは「そのクライアントさんにとって心地よいと感じる刺激」を充分に味わうことがカラダの快復へとつながるということです。

体が心地よさを味わい、良くなることは「心」「魂」あるいは「環境」「食事」においても同じことがいえるのではないでしょうか。

私の施術は、クライアントさんが心地よいと感じる部分に耳を傾け、体のねじれがスッ―と、とれていくイメージをしながら施術を進めていくのです。

そして、クライアントさんと共に「体が良くなる」状態を目指しながら施術すると不思議に体は良くなるのです。

これが私にとっての「同調」の意味です。

同様にあまり変わらないクライアントさんの共通点にも気づきました。

あまり変わらないクライアントさんの1つの共通点は、私が「痛みの原因」「お体の状況」など詳しく説明しているにも関わらず「私の痛みの原因は何ですか?」「私の体どうなっているのですか?」などと同じことを何度説明しても、そのことについて何度も質問してきます。

ということは私の説明を聞いていないし、受け入れていないのです。
つまり、どんなに私が説明しても、体が改善へ向かう施術刺激を与えても、それらを受け取ることを拒否していればなかなか良い結果は得られないのです。

しかし、クライアントさんの中にはご自身の「心」や「体」の声との対話するのがあまり上手ではない方もいらっしゃいます。

そのようなクライアントさんの場合、施術前と比べ、体の可動域が増えていてもその変化に気づけなかったりうまく感じ取ることができないことがあります。

ですが、何度か施術を行うごとにカラダの感性も鋭くなってきますので「体が軽くなっている」「痛みが減っている」「動きの幅が増えた」など徐々にカラダの変化を感じとれるようになります。

もう1つの共通点は何らかの理由でカラダが快復することを拒否している場合です。

「何らかの理由」とは痛みや不調がカラダから消えてしまうと困ることです。

たとえば
「腰の痛みがなくなったらまたイヤな仕事に復帰しなければならない」
「不調がなくなったら家族から構ってもらえない」
「痛みがあれば重労働をさせられなくて済む」

など、人それぞれ状況は違いますが「痛みや不調があるのが自分にとって都合のよい状態になっている」という心理的要因がカラダの快復を拒否しているのです。

このような心理的要因が働いている場合、自分自身にそういう気持ちがあることに気づくことで心のブロックが解除されます。

このページで述べている「同調」は、科学的に説明できるものでもなければ形となって目に映るものでもありません。

施術を通して私なりに感じてきた論であります。

ですが、こういう目には見えない感覚や空間こそ、私は「一番重要なことでなのではないか?」と感じています。

解剖学や生理学などの机上の理論や勉強もとても重要ですが、私はそれだけはなく、人間に備わっている五感を使った感じ取り方をとても大切にしています。



ここでは書ききれないさらに詳しいご紹介についてはこちら⇒フジサワカイロの世界観


ページの先頭へ