腕のしびれへのキネシオロジー

腕のしびれで来院されたEさんの症例をご紹介します。

2週間ぐらい前から腕に違和感を感じ、最近になってから肘から指先にかけてしびれ始めたとのことです。

Eさんが思い当たることと言えば、首を寝違えて痛めたころから腕にしびれが出たかもしれないとおっしゃっていました。

腕のしびれの症例

腕のしびれへのキネシオロジー  検査 スタート!

さっそく検査をしていきます。

まずは、腕の可動域テストから始めていきます。
腕の動きを確認します。だいたい、肩の高さまで腕を挙げていくと腕のしびれが強く感じるようで、さらに高く上げると腕全体までしびれと痛みも走るようです。

腕の可動域も肩の高さまで持ってくると、そこから「グン!」と重く感じ、動きの幅が少なくなります。

では、次に首の動きを確認していきます。
首には腕につながる神経がたくさん走っているため、首に何か問題が起こると腕へのしびれが起こることが多いのです。

左側に顔を向けると右側と比べ可動域がせまく、腕に痛みやしびれも出てくるようです。

次にEさんにうつぶせになってもらい、呼吸の状態を調べていきます。
Eさんに深呼吸をしてもらうと、腰と背中にほとんど動きが感じられず、呼吸が浅いのが確認できました。

そこでEさんに呼吸が浅くなっていることを説明すると、Eさんも「呼吸しにくいです。深く息を吸えないように思えます。」とのことです。

呼吸が浅くなっている状態は体のバランスから考えると、主に「背中の筋肉や肋骨に動きがない」「または緊張している」ということが考えられます。

背骨へのアプローチ

では、さっそくEさんのお体が回復へ向かうアプローチを加えていきます。

まずはじめに、仙骨というおしりにある骨に対してアプローチします。
手を添えるだけの軽いアプローチで仙骨に動きをつけていき、お腹にかかる圧を減らしていくのです。

そして、仙骨に動きや呼吸が感じられたことを確認し、今度は背中の筋肉や肋骨の緊張をゆるめていきます。

背骨の脇に付着している脊柱起立筋という大きな筋肉が内側に緊張しています。
そこで脊柱起立筋を内側から外側へゆるめる手技を使い、無理なくゆるめていきます。

仙骨と背中の調整後、Eさんにもう一度、深呼吸してもらい「施術前と比べ呼吸がどう変化したか?」確認してもらいます。

すると、「あっ、さっきよりも呼吸しやすい!なんか軽く息が吸える感じがします!」とのことです。

そして、腕のしびれの方も確認してもらうと、最初よりはしびれがうすくなったように感じるそうです。

第一肋骨へのアプローチ

最初の検査では肩の高さまで腕が挙がるとしびれが出てくることを確認しました。

背中の調整後、もう一度、肩の高さまで腕を挙げてもらうとしびれが強く出てくるのはなくなったみたいです。

どうやら背中の緊張が、肩の高さまで腕を挙げるとしびれが起きることに関わっていたようです。

ですが、腕の動き、可動域はまだ回復はしていません。

ここで、キネシオロジーによる筋反射テストを使い、「体」の声を聴いていくと「第一肋骨」に反応があります。第一肋骨とは肋骨の中で一番上にある骨で、第一肋骨のある高さはちょうど鎖骨と同じくらいの位置にあります。

実際に第一肋骨を触診してみると、両側の第一肋骨ともにかなり上に挙がっていることが確認できました。

ここで、フジサワカイロプラクティック 院長 藤澤がカイロプラクティックとオステオパシーでの第一肋骨矯正の方法を元に考案したオリジナルの第一肋骨の矯正を行います。

その後、もう一度、腕の動きを確認してもらうと「あら、びっくり!」
腕が肩の高さを超え、スムーズに挙がりました!
さらに、顔を左にひねると腕に痛みやしびれが起きていたのもなくなり、可動域もスムーズに回復しました。

まとめ

Eさんの腕のしびれの原因のほとんどが背中の筋肉や骨の緊張、動きにあったようです。

Eさんの場合、呼吸の浅さから首の可動域の減少にもつながり、寝違えが起こったのもそれが引き金だったようです。

一見、腕のしびれと呼吸の浅さは関係なさそうに感じますが、呼吸が浅くなると神経や筋肉に行き渡る酸素量が少なくなるため、ありえないことはないのです。

痛みやしびれは、神経や筋肉内の酸素欠乏から発生します。

このようなつながりから腕に関わる神経や筋肉があれば痛みやしびれは起こりえるのです。

ページの先頭へ