坐骨神経痛へのキネシオロジー

坐骨神経痛で来院された患者さんの症例をご紹介します。

Fさんは以前、フジサワカイロプラクティックに来院されたことのある方から薦められてのご来院です。

Fさんの主な症状は左足のしびれとおしりの痛みです。

特に朝起きるのがつらく、20分以上歩くとおしりから左足までビリビリとしたしびれと痛みが出るとのことです。整形外科でのリハビリも行っていたのですが、2ヶ月経っても症状が変わらずにいたので、思い切って当整体院に来院されました。

坐骨神経痛の症例

坐骨神経痛へのキネシオロジー  検査 スタート!

まず、実際に坐骨神経痛の痛みが起きている左足とおしりの部分を触診します。

触診すると左足の筋肉に緊張はありません。おしりの表面の方もあまり緊張は感じられませんが、おしりの奥の方を触診すると筋肉の緊張が感じられました。

おしりの筋肉の可動域、骨盤の可動域を検査してみると、だいぶ可動域が悪くなっています。

さらに、キネシオロジーの筋反射テストを使って調べていくと、中臀筋という骨盤を支えているおしりの筋肉がその場を保持してられず、弱化する反応があります。

さらに左足の大腿四頭筋にも弱化する反応が出てきました。
大腿四頭筋は足の前面の太ももです。

大腿四頭筋に何か問題があると構造的には足を上に上げずらくなったり、うまく立てないなどの症状が出てきます。

足へのアプローチ(大腿四頭筋)

始めに大腿四頭筋へのアプローチを行っていきます。

大腿四頭筋に何か問題があったり、筋肉の機能低下があると「足を上に上げずらい」「うまく立てない」「膝の痛み」などの症状が出てきます。足のバランスが崩れることで「骨盤のバランスの崩れ」「骨盤の歪み」「坐骨神経痛」も起こります。

キネシオロジーの筋反射テストで大腿四頭筋がしっかり働く刺激として必要なのは、身体アプローチによる「神経リンパ反射」という答えでした。

そこで、大腿四頭筋に対しての「神経リンパ反射」をアプローチします。その他にも「マッスルエナジーテクニックによる刺激」にも筋反射テストが反応を示したので2つの矯正を行っていきます。

「神経リンパ反射」「マッスルエナジーテクニック」による調整後、もう一度、筋反射テストを使って大腿四頭筋の反応を観てみると、今度はしっかりとその場を保持できるよう大腿四頭筋の筋力が復活しました。
ここでFさんにも「体の感覚がどう変わったか?」を確かめてもらいます。

すると「足をかばい、引きずって歩いていたのがスラスラ歩ける!」とのことです。

おしりの筋肉と骨盤へのアプローチ

大腿四頭筋を調整後、今度は先ほど緊張があったおしりの奥の方の筋肉を触診してみます。

すると、最初に触診した時よりおしりの奥のにある筋肉の緊張が、ずいぶん柔らかくなっているのが感じられました。

おそらく、大腿四頭筋の調整によって坐骨神経やおしりにかかっていた負担が軽減され、その結果としておしりの奥の筋肉も柔らかくなったのでしょう。そして、骨盤の可動域も最初よりはつっかかる感じが少なくなりました。

ここで、おしりの奥にある「梨状筋」「中臀筋」という筋肉に対してアプローチをしていきます。

アプローチの方法は筋反射テストで選んでいきます。出てきた答えは「身体アプローチ」による、「カイロプラクティックによる骨盤矯正」「マッスルエナジーテクニック」です。

まずは、「マッスルエナジーテクニック」で「梨状筋」「中臀筋」をアプローチします。
その後、カイロプラクティックによる骨盤矯正で骨盤の可動域を増やします。

この時点で、だいぶ左側のおしりの痛みは消えたようです。

生体化学アプローチ(ウイルス情報)

左側のおしりの痛みは今のところほとんど感じられなくりました。
ですが、まだ左足の方が少しピリピリするとのことです。

キネシオロジーによる筋反射テストを使って、さらに細かく調べていきます。
すると、「生体化学」というレベルに対して反応が見つかります。
今度は「生体化学」レベルの何に反応しているか調べていくと「ウイルス情報」という分野で筋肉が反応します。

「ウイルス情報」は坐骨神経痛を抱えている方によく反応が起こる分野でもあります。

「ウイルス情報」とは、人間の体内にある神経細胞内に住みついているウイルスの情報のことです。
「ウイルス情報」は人間の体内にある神経に住みつきやすく、特に坐骨神経は人体の中で最も大きく太い神経です。

つまり、坐骨神経は大きく太い神経であるため、ウイルスの情報が住み着くにはうってつけの場所なのです。

そこで、「筋反射テスト」を使って、坐骨神経からウイルス情報を除去するために必要なハーブを選択していきます。「ウイルス情報」を除去する数種類のハーブの中からFさんの「潜在意識」が答えたのが「セントジョンズワート」というハーブでした。

そこで「セントジョンズワート」を必要な期間だけ摂ってもらうことを説明し、ハーブ摂取後、もう一度来院していただくようにしました。

その後の来院では「もうすっかり痛みとしびれがとれました!すごくおどろいています。ありがとうございます!」とFさんから感謝のお言葉をもらいました。

まとめ

Fさんの場合、左側の大腿四頭筋の機能がうまく働いていない期間が長かったようで、そこから骨盤やおしりの筋肉が悪くなったようです。

さらに、「ウイルス情報」など「生体化学」のレベルにも問題があったため、坐骨神経痛による痛みは体の問題だけではなかったのです。坐骨神経痛などの慢性化した症状の原因は「体の問題」だけでなく、「栄養面」や「環境面」など複数の原因が絡んでいることがほとんどです。

今回のFさんの坐骨神経痛のケースでは、おしりの筋肉、足の筋肉などの「身体」レベルの問題の他に「ウイルス情報」」という「生体化学」レベルが関わっていました。

このようにフジサワカイロプラクティックでは「症状」へのアプローチではなく、「症状」を起こす「原因」にアプローチする施術方法を行っています。

ページの先頭へ