キネシオロジーについて | 古河市整体フジサワカイロプラクティック

キネシオロジーとは、人間の「体と心」のバランスを筋肉の反射で読み取りながら解消していくホリスティック(全体的)な総合療法です。
こちらのページでは「キネシオロジー」について詳しく解説していきます。

キネシオロジーの検査方法

キネシオロジーにはたくさんの検査方法があります。
その中でも「この検査方法がなければキネシオロジーは語れない!」とも言うべき検査方法をご紹介します。

筋反射テスト

筋反射テスト

「体」と「心」の声(情報)を筋肉の反射によってキャッチする方法を「筋反射テスト」といいます。
「キネシオロジー」の「醍醐味」となる検査といってもいいでしょう。

もし、あなたの「体」と「心」にとって「合っているもの」「必要とするもの」であれば「筋肉」にしっかり「力」が入っていることが感じられます。

逆に、あなたの「体」と「心」にとって「合っていないもの」「害になるもの」であれば「筋肉」に「力」が入らなくなります。

「筋反射テスト」はあなたの潜在意識にある「体」と「心」の声を聞き出すための検査方法です。

釣り上げテスト

ハンドモード

「釣り上げテスト」とは「言葉による質問」や「ハンドモード」という検査を使い、「症状」の「原因」となる問題を「釣り上げる方法」です。
「釣り上げテスト」も「筋反射テスト」同様にキネシオロジーの「醍醐味」となる検査方法です。

たとえば「腰痛の改善」を目標設定(テーマ)にした場合、「腰痛」の「原因」となる問題、または腰痛改善に「必要となる刺激」に対して「反応」が起こります。

基本的に以下のような質問形式で「症状」の「原因」となる「問題」を釣り上げていきます。
「あなたの腰痛の原因について教えて下さい。」

「体の問題」「心の問題」「栄養の問題」「環境の問題」「気の問題」…など「言葉による問いかけや質問」または「ハンドモード」といわれる方法で「どのレベルに問題があるか?」訪ねていきます。

もし、「気」というキーワードで「筋反射テスト」の反応が「ガクン!」と弱くなるようなら、「気」の問題が「症状を起こす原因の1つ」と判断できます。

このようにして「体」と「心」の声を聞きながら「症状」の「原因」を釣り上げていき、施術(アプローチ)すべき問題レベルを見つけていきます。

「セラピーコントロール」

セラピーコントロール

「他にもまだアプローチすべき問題があるか?」を確認する作業です。
その方法を「セラピーコントロール」といいます。

「セラピーコントール」によってその日の施術刺激量が分かるため、適切な刺激量で施術を進めていくことが出来ます。

「セラピーコントロール」を行い、筋反射テストやARテストに反応がなければその日の施術は終了です。

もし、筋反射テストやARテストで腕が「ガクン」と「下がる反応」や「腕の長さが短くなる反応」があれば「他にもまだアプローチすべき問題がある」ということをあらわしています。

「セラピーコントール」による「反応」がなくなるまで「検査」「施術」を繰り返し行っていきます。

キネシオロジーは「体と心」の声を筋肉の反射を介して読み取る技法です。

キネシオロジー

私たち人間の筋肉は、体の障害や精神的ストレスに反応して「緩む」という特性を持っていることはご存知でしたか?

例えば、精神的に落ち込むような出来事や体験をすると体の力が「ガクン!」と抜け落ちたことは人間生きている上で誰もが一度はあると思います。

このように、人間の筋肉は何かストレスがかかると「緩む」特性があるのです。

私たち人間の筋肉は脳からの電気信号が送られてくることによって働いています。
そこにその人にとって「ストレス」となる情報が入りこむと、脳からの電気信号がうまく筋肉へ送られず「バランスを崩す」のです。

その結果、「ストレス」となる情報をイメージしながら筋反射テストを行うと腕にうまく力が入らず、「ガクン」と下がってしまうのです。

キネシオロジーによる基本的な検査方法

① 筋反射テスト
始めに予備テストを行い検査の指標となる筋肉の強さが正常であることを確認します。
術者は患者さんの腕に圧をかけます。
圧をかけても患者さんの腕の力が下がらないようなら正常です。

② ストレスになることをイメージ
腕の力が正常なことを確認できたら今度はその人にとって「ストレスになっていること」をイメージしたり、痛みや不調を起こしている部位を患者さんの手で直接触ってもらいながら筋反射テストを行います。
そこで腕の力が「ガクン」と抜ければ、イメージした「ストレス」や触っている部位に「問題がある」と判断します。

触っている部位に問題があれば腕に力が入らず「ガクン」と腕は下がります。
もし、何も問題なければ腕は力が入ったままその場を保持することができます。

③ 施術レベルの選択
腕が下がる「イメージ」や「部位」が分かったら、今度は腕に力が入る方法を「体」「栄養」「感情」「環境」「気」の中からどれが腕の力を「復活させるレベルか?」選択していきます。

腕が強くなるレベルが分かれば、そのレベルに対してアプローチしていきます。
細かく言えばキネシオロジーはもっと深いですが、カンタンにするとこのような流れでセラピーを進めていきます。

「症状」ではなく「原因」にアプローチ!

原因にアプローチ

キネシオロジーは「腰痛」「肩こり」「頭痛」「坐骨神経痛」「自律神経失調症」などの「症状」ではなく、その「症状」を起こしている「原因」にアプローチします。

「症状は」はあくまで「結果」に過ぎません!
目の前で起きている痛みや不調をどうにかするのではなく、それらの症状を引き起こす「原因」が「何であるか?」に「気づけるかどうか?」の方がとても重要なのです。

カイロプラクティックからキネシオロジーは誕生しました。

キネシオロジーはアメリカのカイロプラクター、ジョージ・グッドハートD・Cによって考案された「アプライド・キネシオロジー」が始まりです。
元々は、「カイロプラクター専門」の技法だったのです。
しかし、キネシオロジーは現在、世界中に広がりを見せています。

そのため、今ではアプライド・キネシオロジー以外にもさまざまなキネシオロジーが多く存在しています。

アプライド・キネシオロジーをベースに「タッチフォーヘルス」「プロフェショナル・キネシオロジー・プラクティス(PKP)」「アプライドフィジオロジー(AF)」「クリニカル・キネシオロジー(CK)」「バイオキネシオロジー」「ウェルネスキネシオロジー」「フィシオエナジェティック(別名ホリスティック・キネシオロジー)」などその他にもさまざまなキネシオロジーが存在します。

感情面を専門にアプローチする「TFT」や「EFT」もアプライド・キネシオロジーから派生したテクニックです。

私たち人間の潜在意識がすべてを知っています。

潜在意識

筋肉には「肉体」「精神」「エネルギー」の状態など、すべてが「情報」として記録されているのです。

「情報」とは人間の「体と心」の声、つまり、「潜在意識」とか「無意識」と呼ばれている私たちが普段生活していて「気づかない領域」での行動を支配している意識のことです。

ちなみに私たちが普段、意識している領域は「顕在意識」と言い「脳全体の約5%ぐらいしか使っていない」と言われています。

人間は、骨や筋肉などの「構造面」だけでなく「感情面」「エネルギーバランス」「環境」などのさまざまな領域から成り立っています。

キネシオロジーは、人間の潜在意識に記録されている情報を引き出しながら「体と心」の問題をアプローチしていく方法です。

キネシオロジーはあなたにとってベストな解決法を探します!

ベストな解決法写真

筋反射テストを使って「体」と「心」の声を聴いていくキネシオロジーは、あなたにとってベストな解決方法を見つけていきます。

脳から筋肉へと送られてくる電気信号の回路のつながりは様々な「ストレス情報」によって変化します。

つまり、「良いストレス」にも「悪いストレス」にも反応するのです。

ということは、「健康」になるには「脳と筋肉の電気回路のつながりが良くなる方法」を見つけてあげれば良いのです。

その健康を取り戻すためにも必要となるのが「身体」「栄養」「感情」「環境」「気」のバランスを整えることです。

キネシオロジーの筋反射テストによる反応、筋肉が示した答えは「身体」「栄養」「感情」「環境」「気」のバランスを整えるための道しるべの役割をはたしているのです。

同じ「症状」でも「原因」は人それぞれ違います!

例えば「腰痛」という同じ症状を持った人達がいます。
しかし「腰痛」という症状が同じでも全員が同じ「原因」で「腰痛」になったわけではありません。

人それぞれ原因が違います

実際にキネシオロジーの筋反射テストを使って探っていくと人それぞれ様々な答えが出てきます。

「姿勢の歪み」だったり「骨盤の歪み」だったり「不規則な生活習慣」だったり「精神的ストレスの溜め込み」だったり「食生活の問題」だったりと様々です。

ですが、腰を痛めた場合、普通なら「重いものを持ちすぎた!」「腰をひねったりした!」「慣れない作業をした!」など、腰に負担をかけたことを疑うのが一般的ではないでしょうか?

しかし、「重いものを持ちすぎた!」といった出来事は、あくまで腰を痛めた「きっかけ」にすぎず、「痛みを起こす引き金を引いてしまっただけ」なのです。

つまり、腰の痛みの「原因ではない!」ということです。

実は「腰痛」を起こした原因は「お腹を痛めていたこと」で、さらに、お腹を痛めた大元をたどっていくと、「ドカ喰い」「食べ過ぎ」「栄養の偏り」など「食生活の不規則」によるものからでした。

「食生活の不規則」から起きた「腰痛」は、整体師やカイロプラクターがいくら骨格を矯正してもよくなりません。
「食生活の不規則」によって「腰痛」になったケースの場合、まず「食生活」を改めてもらうことが「腰痛」の改善へとつながるのです。

このように「腰痛」でも腰から痛みが起きるのではなく様々な原因が絡み、人それぞれ「痛みを起こす原因は違ってくる」のです。

他の療法とキネシオロジーの違い

キネシオロジーは患者さんの潜在意識に働きかけ、「体と心」に起きている問題を解放させる施術刺激を選んで調整していきます。

患者さんの「体と心」の声にアクセスして患者さん自身が必要としている刺激を加えます。

一方、キネシオロジー以外の療法のほとんどは、体の歪みがある部分を「痛みの根源」としてとらえながら歪みを正すことを目的としています。

しかし、歪みや骨のズレは痛みの原因ではなく「痛みや不快感から起きた結果」です。
ですから「歪みを作っている原因を取り除けば自然と歪みは取り除ける」のです。

キネシオロジーは施術者の実力が上がるほど「より深い部分へのアプローチが可能になる」ホリスティックな療法です。

キネシオロジーは施術者が持っている実力の幅の分だけより深くアプローチすることが可能になります。

つまり、施術者の持っている技術の引出しが多ければ多いほど、扱える問題や施術の幅が無限大に広がっていくのです。

噛めば噛むほど味が出てくる奥が深いテクニックであります。

あなたに合ったものを見つけられます!

キネシオロジーはさまざまなことに活用できます。

キネシオロジーは応用次第で「体と心」におけるさまざまな情報を得ることができます。

例えば・・・・・

  • 合っている食べ物や栄養
  • 合っている物
  • 合っている化粧品
  • 合っている施術法
  • 合っているアロマ
  • 合っているフラワーレメディ
  • 合っているカラー
  • 合っている体操法

など・・・・これ以外にもいろいろあります。

筋反射テストで出た反応は、あくまでも「現在のあなたが必要」としている情報です。
必要としている情報を与え続け「体と心」にとって、もうその情報が必要なければ、次のステップへ進むため、次回の筋反射テストではその情報は反応しなくなります。

ちなみに「どのくらいの期間までその情報が必要か?」も筋反射テストで聴くことができます。

キネシオロジーでも読み取れないことがあります。

ギャンブルや未来のことについて読み取れません!

潜在意識はあなたの過去と現在における情報だけを知っています。
なので、未来における情報は分からないのです。

未来のことを筋反射テストで聴いてみたり、競馬やパチンコなどの「ギャンブルの情報は分からない」のです。

もし、筋反射テストで聴いてみても筋肉の反応が強くなったり弱くなったりとでたらめな反応が返ってくるでしょう。

古河市整体フジサワカイロプラクティックでも未来におけることへのキネシオロジーは行っていません!

キネシオロジーで行えるのは過去や現在のネガティブな感情を取り除くことです。

過去や現在においてのネガティブな感情を取り除くことで今後、未来へつながる不安や恐怖などのネガティブな感情は取り除けます。

病気の判断には使えません!

病気の判断には使えません。
知りたければ専門の医療機関で検査されることをお勧めします。

他人の情報は読みとれません!

自分以外の他人の情報を読み取ることはできません。

キネシオロジーで可能なのはあくまで「あなた自身の情報を読み取ること」です。
なので、他人の情報は読み取ることができません。

代理テストで読みとる!

先ほど他人の情報は読みとれませんと書きましたが、1つだけ可能な方法があります。

それは、「代理テスト」といわれるやり方です。

代理テストは「赤ちゃん」「小さなお子様」「ペット」「ご年配の方」など筋反射テストを行うことが出来ない方に変わって「仲介役(代理人)」を通しながら「体と心」の声を聴くことができるやり方です。

代理テストを行う際は、実際に情報を読み取りたい人の体に触れて行うか、または写真などを使って行うことがほとんどです。

古河市整体フジサワカイロプラクティックが行うキネシオロジー

古河市整体フジサワカイロプラクティックではキネシオロジーを中心に施術を行っています!

「キネシオロジー」にもたくさんの種類がありますが、当整体院が主に使う「キネシオロジー」をご紹介いたします。

アプライドキネシオロジー

アプライドキネシオロジー

今ではキネシオロジーもさまざまなやり方がありますが、元々はアメリカのカイロプラクター、ジョージ・グッドハートによって考案されたアプライドキネシオロジーが元祖です。

このテクニックの内容はあまりにも膨大で「西洋医学」「東洋医学の陰陽五行」「精神」「化学」「中枢神経(脳)の活性化」その他にもさまざまな調整法を取り入れています。

簡単に説明すると筋反射テストという検査方法で筋肉の状態を評価していき「体のバランスを整えていくテクニック」です。

基本的なやり方として気筋反射テストによってカラダ全体の筋肉の状態を調べていきます。

筋反射テストの結果によって、どこか弱化する筋肉を見つけたら「筋肉の弱化」が回復するために「必要」となる施術刺激を与え、筋肉のバランスを整えながら自然治癒力を高めていくのです。

筋力反射テストは、筋肉を通しては「あなたの脳や潜在意識が体の障害がおこっている場所を教えてくれる」のです。

タッチフォーヘルス

タッチフォーヘルスとは、アプライド・キネシオロジーを元にして考案された健康法です。

タッチフォーヘルスの創始者であるジョン・F・シーはアプライド・キネシオロジーを行うアメリカのカイロプラクターでした。

ジョン・F・シーはアプライド・キネシオロジーのシステムがとても素晴らしく、多くの人にこの技法を伝えたいと思っていたのです。
ですが、アプライド・キネシオロジーはカイロプラクターなどの専門の知識を持った人が扱う技法です。

この方法を一般の人にも使えるように改良されたのがタッチフォーヘルス健康法なのです。

タッチフォーヘルスは、主に14の経絡に沿った技法で体を整えていきます。
私個人としては、複雑なアプライド・キネシオロジーの技法を説明書マニュアルのように分かりやすくまとめたキネシオロジーだと感じています。

古河市整体フジサワカイロプラクティックでは…

古河市整体フジサワカイロプラクティックの「心体療法」(通常施術)では、主に「タッチフォーヘルス」「アプライド・キネシオロジー」を使い、「体」と「心」両面のバランスを整えるアプローチを行っています。

基本となる14筋を調べ「経絡のバランス」から「体」と「心」の声を聴き、「釣り上げテスト」によって「症状」の「原因」を細かく探りながら調整していきます。


キネシオロジー関連図書



ページの先頭へ