新しい腰痛の概念 | フジサワカイロプラクティック

腰痛にまつわる新事実!
本当の原因は椎間板ヘルニアなどによる構造異常によるものではありません!

時代とともに医療の分野も日々進歩を遂げています。
数々の新しいワクチンが開発されたりとどんどん発展していますね。
ですが、腰痛についてはどうでしょうか?

医療が進歩しているのにも関わらず、腰痛患者は年々増加の一歩をたどっていると報告があります。

腰痛白書さんのページから「腰痛を訴える人の数を推移を調査した報告」を引用させてもらいます。


腰痛を訴える人の、数の推移を調査した報告

腰痛人口

「国民衛生の動向・厚生の指標」(厚生統計協会)での報告です。
1986年から2005年にかけての調査結果は、グラフの通りとなっています。
腰痛を訴える人の数(有訴者数)は、人口1,000人あたりの人数で、

     1986年: 59.1人
     2005年: 95.4人

減るどころか、増えています。しかも、とても大きな増え方ですね。
ちなみに、肩こりについても腰痛とほぼ同数で、同じく上昇傾向にあります。

これだけ医学や医療が発達してきているのに、腰痛は減るどころか増えています。

このことを、どう考えるべきなのでしょうか。

ここまでが腰痛白書さんからの引用ページです。

実は、このようなことから医療の進歩と腰痛患者の減少はつながらなく、むしろ年々増加していることが言えます。

今までの腰痛の常識

今日まで腰痛に関して様々な原因が言われています。

「老化現象」「職業病」「安静が第一」「腰の骨が前へ反り過ぎているから」「椎間板の異常」「椎間板ヘルニア」「骨の変形」「背筋と腹筋の筋力が衰えている」などなど・・・・。

腰痛持ちの方なら誰でも耳にしたことがあるような説明ですよね?

しかし、レントゲンで腰に「椎間板の異常が発見」されても「腰痛を伴わない方」もたくさんいます。
実は、これらの説ははっきりとした「根拠」があって説明しているわけではありません

これから腰痛にまつわる今までの常識的な説明がいかに「あやふや」だったかを説明していきたいと思います。

腰痛と職業

「仕事で重いものを持つから腰痛は職業病である」「腰を痛めるような仕事内容だから・・・・」

あなたは職業病で腰を痛めると聞いて思いつく職業は何ですか?
主に力仕事や肉体労働者が腰痛になりやすいと考えていませんか?

実は、肉体労働者と専業主婦の腰痛の割合を調べた資料によると「どちらも腰痛を抱えている率はほぼ同じ」くらいなのです。

そして、驚いたことに「腰痛患者の率が多いのは無職の人たち」だったのです。


腰痛

腰痛白書さんから引用

このようなデータから、肉体を酷使する職業が腰痛になりやすいわけではないのが分かります。
データを見る限り、無職の方に圧倒的腰痛が多いのは腰痛を引き起こす原因には「心の部分」「社会的な部分」が「関与」しているということではないでしょうか?

腰の過剰前湾と腰痛

「腰の骨が前に反り過ぎているから腰痛を起こす」、この説明もよく聞きますよね。

ですが、本当に腰の過剰前湾と腰痛が関わっているのでしょうか?
これもTMSジャパンによると腰痛と腰の前湾はなんら関係がないのです。

TMSジャパン

安静と腰痛

腰痛には安静が第一と言います。

ところがいつまでも安静にしていることは腰痛にとって禁物なのです。
実は、安静にしていることは回復を「遅らせる」ことにつながるのです。

急性腰痛患者186名を対象に、2日間の安静臥床群、ストレッチ群、耐えられる範囲内で日常生活を続ける群に無造為に割り付け、その後の経過を追跡調査した結果、3週後と12週後のどの時点においても、最も回復が早かったのが日常生活群で、もっとも回復が遅かったのは安静臥床群でありました。
TMSジャパンの資料から引用

ぎっくり腰などの急性的な激しい痛みの場合でも、ある程度痛みが落ち着いたら少しでもいいのでカラダを動かして日常生活を始めた方が回復を早めるということが報告されています。

老化と腰痛

腰痛の原因について病院では「老化です」と老化のせいにされてしまうことが多いです。

あるいは「歳のせいだ!」と「自分の勝手な思い込み」で、それを腰痛の原因にしてしまう方も非常に多いです。

しかし、「く」の字に曲がってしまって誰が見ても「腰が変形して腰痛いだろうな~」と思えるほどの高齢の方でも腰痛を感じない人もいますし、逆に若くても腰痛を抱えている人います。

実は、老化も腰痛とは関係ないのです。

老化は老化です。歳をとるとシワや白髪が増えるように人間の生理的現象です。
老化という生理的現象は痛みとはつながらないのです。
そして、驚くことに「高齢になるほど腰痛患者は減っている」のです。

逆に腰痛患者で多い年代はTMSの資料によると「20代~40代がピーク」なのです。
この事実は、老化と腰痛の関係をひっくり返すまったく反対の結果です。

当整体院に腰痛で来院される患者さんも20~40代の人が多いのはこのためでしょうか?

椎間板の異常、椎間板ヘルニア、腰の変形と腰痛

「椎間板の異常」「椎間板ヘルニア」「腰の変形」「脊柱管狭窄症」「分離症」「すべり症」など、これまで腰痛の主な原因としてこのようなことが原因として上げられてきました。

現在、整形外科で主流となっている腰痛の原因は椎間板ヘルニアで外に飛び出した椎間板、狭窄症やすべり症などの骨の変性によって神経が圧迫され、「痛みを招く」という考え方です。

ですが、このような「骨や椎間板の変性も腰痛とは関係ない」という報告があります。

学術誌 『Spine 』1995年 にこのような報告がされています。

ここから腰痛白書さんからの文章を引用させていただきます。

腰痛を訴えて、椎間板ヘルニアと診断された患者46名と、腰痛のない健康な人46名に対して、腰部のMRIを撮影しました。
その画像に対して、2名の神経放射線医が、椎間板の状態を検証しました。

その結果は、驚くべきものでした。

結果

腰痛のない健康な人の76%に、椎間板ヘルニアが発見されました。
また、腰痛のない健康な人の85%に、椎間板変性が発見されました。

発見された椎間板ヘルニアのタイプは、腰痛のある人と、腰痛のない健康な人との間で、差がありませんでした。

このような結果から今まで腰痛の常識とされてきたことが腰痛とは関係ないということがわかっています。

さらに、41名をの健常者を対象に、MRIで腰部椎間板を繰り返し撮影し、5年間にわたって追跡調査したところ、41%の健常者に椎間板変性の発症・進行が見られ、重いものを持ち上げる・重いものを運ぶ・身体を捻る・身体を曲げるなどの従来の腰痛になるとされる危険因子の影響は受けていなかったのです。

腰痛発症率はこの結果から、椎間板変性がある人の方が低くく、従来の腰痛になるとされる危険因子と椎間板の変性は腰痛とは無関係であることが分かります。

他にも椎間板についてこのようなことが報告されています。

椎間板変性は遺伝

物理的因子が一致しない男性の一卵性双生児115組を、詳細なアンケートとMRI撮影で椎間板変性の危険因子を調査した結果、仕事やレジャーによる身体的負担、車の運転、喫煙習慣よりも、遺伝的因子の方が椎間板変性に強く影響を与えるのです。

そして、椎間板の変性は3歳~10歳で椎間板への血液供給量が減少し始め、軟骨終板にも亀裂が認められ、11歳~16歳では繊維輪の亀裂や断裂といった椎間板構造の崩壊がみられています。
TMSジャパンの資料から引用

このような報告から椎間板変性などはやはり腰痛とはなんら関係がないことがよく分かるでしょう。

ストレス解消と腰痛

現在、世界で発表している腰痛診療ガイドラインでは、腰痛の要因は「心の部分・社会的な部分」としています。

つまり、「感情的ストレス(不安・怒り・恐怖・など)」や「社会的ストレス(職場の問題・夫婦関係・経済的な問題)」が原因ということです。

腰痛とストレスは深く結びついているということですね。 実際に長谷川先生が運営するTMSジャパンでも感情を解放するためのテクニックであるEFT(感情解放テクニック)を行うことを薦めていました。

そして、気分を変えるストレス解消として下記のことを推薦しています。

  • 朝日を浴びる
  • 空気を入れ替える
  • シャワーを浴びる
  • 良い香りをかぐ
  • ストレッチする
  • 水を飲む
  • 食事をする
  • ガムを噛む
  • 好きな言葉を眺める
  • 目薬をさす
  • 楽しかった思い出
  • ワクワクする将来の計画
  • 美しい自然
  • 愛する人
  • 大好きな音楽
  • 笑う
  • ニュース断食
  • 瞑想

腰痛とフジサワカイロプラクティック

フジサワカイロプラクティックでは「腰痛」にまつわる様々なことを勉強してきました。

腰痛は怒りであるのTMS理論の書籍を筆頭に、TMSジャパンの代表である長谷川先生の講演にも出席し、休み時間に個人的にお話もさせていただきました。

そして、従来の腰痛の常識とはかけ離れた場所に原因があることにたどり着きました。
TMS理論や世界の腰痛ガイドラインでは「心の部分、社会的な部分」が腰痛と大きく関与しているとしています。私もこの考え方に大いに納得しています。

その結果、現時点の腰痛のとらえ方として、「腰痛の原因は患部の酸素欠乏による血流障害」との結論を出しています。

私は血流障害を取り除くことができるなら、整体でも、カイロプラクティックでも、オステオパシーでも、鍼灸でも、ヒーリングでも、温熱療法やストレッチ、ヨーガでもどんなアプローチでも改善すると考えています。

各種療法やストレッチなど、アプローチ方法が違っても、患部を調整して酸素欠乏による血流障害を取り除くということは一致しています。

では、なぜ酸素欠乏による血流障害が起こるのか?

これは同じ腰痛でも人それぞれ原因が違います。
TMS理論では「心理的要因が腰痛の原因」としています。

ただ、TMS理論の著者であるサーノ博士も言っているように必ずしもすべての腰痛患者が「心理的要因」が原因だとは限らないと言っています。

ページの先頭へ