坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛は主におしりから足先にかけて痛みやしびれが伴う症状です。

坐骨神経痛とは、腰椎から出ておしりの方にある坐骨神経という親指くらい太い人間のカラダの中でもっとも太い神経が痛むことで起こる症状です。

フジサワカイロプラクティックへ訪れる方の多くも坐骨神経でお悩みの方が多数来院されます。

坐骨神経痛について

坐骨神経はお尻から太ももの後ろ、ふくらはぎ、足の裏など主に下肢の痛みやしびれが生じます。

人により痛みだったり「しびれ」「冷たい感じ」「マヒしたような感じ」「ぴりぴりした感じ」「重い感じ」など起こる症状はさまざまなです。

坐骨神経の根元は腰にあります。
坐骨神経痛を訴える方の多くが、最初から坐骨神経痛だけが起こったのではなく慢性的な腰の違和感を持っていることがほとんどです。

最初はおしりの奥が気になる程度だったのが日にちが経つごとに徐々に痛みなどに変わっていったということも多くあります。

坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因は主に腰、腰の筋肉の緊張、仙腸関節などによる骨盤の問題、おしりの筋肉の緊張、太ももなどの下肢の筋肉の緊張などがあります。

特に大臀筋や梨状筋と言われる臀部の筋肉に緊張があることが多く、臀部の奥を押されると痛みが走ります。


梨状筋症候群

梨状筋症候群とは、おしりの奥の方にある坐骨神経と同じところについている梨状筋という筋肉が緊張することで坐骨神経を圧迫するケースです。

梨状筋とはおしりの奥深いところにある筋肉のことです。
梨状筋はインナーマッスルと言い、筋肉の中でも奥深い部分にある関節をしっかり固定させる役割を持っている筋肉です。

奥深い部分にある梨状筋が緊張することで坐骨神経を圧迫させることを梨状筋症候群と呼びます。

フジサワカイロプラクティックでは梨状筋に働きける手技を使って筋肉の緊張や筋機能の弱化を元の状態に整えていきます。

その他の原因

心理的な問題からも坐骨神経痛は起こります!

あまり知られていませんが心理的なストレスが原因で坐骨神経痛を引き起こすこともあります。

ストレスは自律神経のバランスを乱し、カラダの筋肉を緊張させることによって坐骨神経痛が生じてきます。

生体化学レベルからの坐骨神経痛

フジサワカイロプラクティックでは手技療法以外にもハーブ、ホメオパシーなどを使用した自然療法も取り入れています。

生体化学とは人間の生体反応に関わる化学的物質や栄養素のことを言います。

体内での「重金属」の蓄積や「栄養素不足」は坐骨神経痛に限らず、様々な症状を引き起こします。

その中でも、特に坐骨神経痛と関わりが深いのが「ウイルス情報」です。

「体のねじれ」など骨格構造のバランスをいくら整えても再発する慢性的な坐骨神経痛の根本原因の正体は坐骨神経内に住み着いた「ウイルス情報」というケースが非常に多くあります。

ウイルス情報は変化の少ない神経内に住み着きやすい!

では、なぜウイルス情報は坐骨神経内に住み着くのでしょうか?

実は、ウイルス情報にとって神経細胞は「と~っても住み心地の良い環境」なのです。
筋肉の場合、筋肉細胞が活発に活動しているため環境の変化もとても大きく、ウイルスからしてみれば筋肉の中はあまり住み心地の良い環境ではありません。

同様の理由から血管内もウイルス情報にとってみれば、とても住みづらい環境です。

しかし、神経細胞の場合、筋肉細胞内の環境と比べ、変化も少なく比較的穏やかです。

このため「ウイルス情報」からすれば変化の少ない神経細胞内の方が筋肉細胞内よりも住み心地の良い環境になってしまうのです。

ではなぜ「ウイルス情報」は数ある神経細胞の中でも坐骨神経に住み着きたがるのか?

それは人間の神経細胞の中で坐骨神経がもっとも環境の良い住みやすい部分だからです!

坐骨神経は人体最大の神経と言われ、大きさは大人の親指ぐらいもあります。

そのような環境ゆえに「ウイルス情報」からしてみればとても居心地の良い環境になってしまいます。

特に、体調が悪くなったり熱が出た時によく帯状疱疹を起こしてしまう方は神経細胞内に「ウイルス情報」が入り込んでいるケースが高いです。

帯状疱疹は肋骨の間に走る「肋間神経」の走行に沿って帯状に痛みが発症する症状です。
このような症状が疲れた時や熱が出た時によく起こるという方は「ウイルス情報」が神経内に住み着いていることが多く見られます。

ウイルス情報へのアプローチ

フジサワカイロプラクティックでは「ウイルス情報」の問題には「ハーブ」「サプリメント」「ホメオパシー」「エネルギー療法」などを使ったフィシオエナジェティックによる「生体化学」アプローチで「ウイルス情報」取り除いていきます。

このような自然の力を借りたエネルギー療法を行うことで、徐々に生体化学レベルの調和が整い始め、神経内に住み着く「ウイルス情報」が薄れていきます。

従来の骨格矯正中心の整体・カイロプラクティックで体の歪みを整えてもらったけど、またすぐに坐骨神経痛による腰の痛み、足の痛み、お尻の痛み、しびれが発症してしまう場合、もしかしたら「ウイルス情報」が神経内に住み着いていることが原因かもしれません。

ページの先頭へ