頭痛の種類と原因

「病院で検査しても異常なし!」「原因は何?」…そんな頭痛でお悩みの方

頭痛を訴える多くの方が病院でCTやMRIを撮っても「脳に異常はありません」と言われます。

ほとんどの頭痛は病気が原因で起こっているわけではありませんのでご安心ください。

ですが、頭が割れるような程の激痛や、時間が経つにつれ、頭痛の度合いが強くなるという場合は医療機関での検査をお薦めします。

頭痛にも「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発性頭痛」などさまざまな種類があります。

頭痛のほとんどは「筋肉の緊張から起こる血流障害」「感情的ストレス」が引き金になっています。

緊張性頭痛

後頭部から首の後ろ・肩にかけての筋肉が緊張することから起こる頭の痛みを「緊張性頭痛」といいます。

そして、慢性的頭痛の中で「もっとも多く見られる頭痛」でもあります。

症状としては「ズキズキするような頭の痛み」「頭が痛い」「頭が重い」「首や頭が後ろへ引っぱられような圧迫感」「目の疲れや重苦しさ」「首の痛み」「肩の痛み」などです。

頭痛の症状で病院で検査を受けても異常が見つからない場合「緊張から引き起こされている緊張性頭痛」と言われます。

緊張性頭痛は、首や肩、頭にある筋肉が緊張することで血管や神経を圧迫し、その結果、頭や脳が酸素不足になった結果、「緊張性の頭痛」が起こります。

片頭痛

頭の血管が収縮することによって起こる血管性の頭痛のことです。

片頭痛は症状として、片側の頭がズキズキする拍動性の痛みが起こります。
片頭痛は典型頭痛と普通型頭痛に分けられています。

典型頭痛の特徴として頭痛が始まる前に、左右どちらかの目の前がキラキラ光り、視野の中心部が見えなくなる前兆があります。

他にも、光のまぶしさを強く感じたり、吐き気、食欲減退などの症状もあります。
この症状は比較的女性に多いようです。

普通型の片頭痛の場合、頭痛の度合い、頭痛が起こる部分は典型頭痛とほとんど同じですが、典型頭痛の特徴である頭痛が始まる前に起こる視野の問題がないということが典型頭痛と違っています。

群発性頭痛

群発性頭痛とは季節などの決まった期間に頭痛が続き「一定の期間をすぎると症状は治まり、また決まった期間が訪れると症状が発生する」ということを繰り返す頭痛のことです。

群発性頭痛も他の頭痛と同じく慢性的な頭痛です。
症状の特徴として、眼の奥が痛んだり、おでこあたりからこめかみまでが痛む症状を1日に数回起こし、何週間かはそのような症状が続きます。

そして、「症状が治まったかな?」と思うと、また数ヵ月後に発生します。

頭痛の原因

「頭痛薬をいつまで飲み続けますか?」根本的な解決は頭痛薬にはありません!

頭痛

頭痛は年齢、老若男女問わず、多くの方がお持ちです。
中には頭痛が慢性化して日頃からクセになっている方も多いのです。

そして病院で、CT、MRIで脳を検査してもほとんどの方に異常は見られません。

原因が分からずお医者さんからは「肩や首がこっているから」「ストレスが溜まっているのでは?」と言われ、薬を処方されるパターンが多く、頭痛の根本的な解決に至っていないことがほとんどではないでしょうか?

頭痛が起こるたびに頭痛薬を飲む習慣を繰り返している人ほど、どうしても「頭痛薬に頼ってしまう悪循環」に陥っていることが多いようです。

様々なストレスが頭痛の原因になっています!

頭痛でもいろいろな種類があり、大きく分けると「首の筋肉の緊張を伴う筋緊張型頭痛」と「拍動に合わせるようにズキンズキンと痛む血管性の片頭痛」があります。

どちらの種類の頭痛も「様々なストレスが原因」であります。

頭の骨である頭蓋骨の中には脳を包んでいる髄膜と呼ばれるところがあります。
そこには知覚神経という痛みなどを感じる神経があります。

そして、頭は首によって支えられており、この中を4本の大きな血管が通っています。

首や頭を通っている大きな4本の血管が首や肩、頭の筋肉の緊張によって「圧迫される」と、脳へ送られる血液が「十分に供給されず」、首、肩、頭の部分で「酸素欠乏」を起こします。

首、肩、頭の部分で酸素欠乏が起こると「脳に十分な血液が供給されなくなる」ので髄膜に走る知覚神経にも悪影響を及ぼし、「頭が痛い」「頭が重い」といった症状を感じてしまうのです。

では、なぜ首や肩、頭は緊張を起こすのでしょうか?

それは肩から上の部分が体の中でもっとも脳に近く、一番「脳の影響を受けやすい部分」だからです。
筋肉を緊張で頭痛が起こる原因はさまざまです。

「気温の変化・湿度・光などによる外的ストレス」「精神的ストレス」「顎関節の歪み」「疲労」「睡眠不足といった身体的ストレス」が主な原因であります。

このようなさまざまなストレスを脳が「ストレスだ!」と認識してしまうと交感神経が興奮します。

興奮した交感神経の働きによって、脳にもっとも近い部分である首や肩、頭の部分が一番最初に影響を受け「筋肉が緊張する」のです。

頭痛もだんだん慢性化してくるのと腰や骨盤などの「他の部分」にも影響が起こります。

頭痛薬を飲むと一時的に頭痛は治まりますが、根本的な原因を解決したわけではないので時間が経つとまた頭痛がぶり返してくるのです。

このような頭痛から抜け出すためには緊張した筋肉の状態を完全に断ち切らなければなりません。

全体的な頭痛の予防

頭痛の原因は「日頃の生活習慣による外的ストレス」が「原因」になっていることも多いのです。

ここでは外的ストレスとなる原因で極力控えてもらうことをいくつかご紹介していきます。

「あれ?これは自分に当てはまるぞ!」と思うことがあれば今日からでも気をつけてみましょう。

  • 夜12時前に就寝するように心がける
  • コーヒーなどのカフェイン類の摂取を控える
  • 冷たい風が直接肌に当たらないようにする
  • 適度な運動をして血液の循環を良くする
  • 頭痛を理由にイライラしない。頭痛があることを自分の中でしっかり認める
  • 冷たいものを控えて温かい飲み物、温かい食べ物を積極的にとること
  • 頬づえをついたり口を大きく開ける動作を控える

以上のことで何か自分に当てはまることがあれば控えてみてください。

ページの先頭へ