古河市整体の院長紹介

フジサワカイロプラクティック
fujisawaChiropractic
院長 藤澤 隆義(ふじさわ たかよし)

2003年 東邦カイロプラクティック専門医学院卒業
2001~2002年 国内人体解剖実習終了
2005年 EFTテクニック レベル1・2
2007年 栗原DC AK勉強会100時間コース(2年間)
フィシオエナジェティック 生化学1・2 チャクラ
その他 操体法、アクティベーター等。

1981年8月21日生まれ しし座 AB型
千葉県野田市出身 8歳より古河市(旧総和町)に引越し、現在、古河市に在住。
趣味 野田の神輿(ガンガラメイン)、トラウト・バス釣り、漫画、ベース、愛犬(柴犬)とじゃれる
好きな食べ物 ラーメン・焼肉・お好み焼き・ジャンクもの・最近はフルーツに飢えている(笑)
二人の娘を持つ二児の父親+柴犬さくらの2番目のご主人様(1番は奥さん)
個人的な夢 施術院と家を今よりも大きくして使いやすくする。のんびり施術しながら暮らすこと。

カイロプラクティック専門学校修了証書

私の施術スタイル

カイロプラクティックから生まれたキネシオロジーという技法を中心に施術構成を立てていき、身体-生体-精神-環境など人間丸ごと観ていく総合的アプローチを行う施術スタイルです。
キネシオロジーにもたくさんの流派がありますが、栗原DCによるAK勉強会(100時間コース)、タッチフォーヘルス、フィシオエナジェティックなど日本に入ってきている基本的なキネシオロジーは一通り学びました。
現在は松原次良先生考案のCBS(クリニカルバイオフォログラフィックシステム)というキネシオロジーを軸にしてカイロプラクティック手技(アクティベーター、ガンステッド、AK)・自然療法などのアプローチ法を選択しながら施術を行っています。

院長 藤澤 隆義のカンタンな経歴

高校生の頃、私の母親が腰痛に悩まされており、その時整体院に通院していたことをきっかけに高校卒業後の進路としてカイロプラクティックの道を薦めてくる。
整体・カイロプラクティックと言われてもどういうものか?よく分からず、あまり乗る気ではなかったが東京のカイロプラクティックスクールを見学した際、学院長からアジャストメント(矯正)を受けたことをきっかけに「面白そう!」と感じ、軽い考えで2年間全日制のカイロプラクティック専門学校へ入学。

入学当時から「どうせやるなら頂上とってやる!」と若気の至りで挑むが実際やってみるとクラスで一番技術がヘタクソだった(笑)
しかしヘタクソだったおかげで人の何倍もの練習とイメージトレーニングをこなし、在学中に習得するのが大変難しいとされるガンステッドテクニックをいち早くマスターしたことで学院長のお墨付きをもらう。

学校卒業から四ヶ月後、千葉県野田市にある祖母の家にてフジサワカイロプラクティックを開業。
しかし開業から約半年間はまったくクライアントさんが来ない閑古鳥状態が続き、早くも廃業のピンチとなる。
社会人一年目にして開業し右も左も分からない状態で何から何まで初めての経験であり今でもこの時の頃は鮮明に覚えている。

クライアントさんが来ないので仕方なく実家のある古河市の自宅の一室にて試しに施術をすることになる。
約1000枚ぐらいのチラシを近所にポスティングすると明らかに野田の時とは違うリアクションが起き、ひっきりなしに予約の電話が鳴る。
3ヶ月後、本格的に施術院を古河市の自宅の一室に移してスタートさせる。

古河市の自宅にて開業してから約3年ぐらいでろくな宣伝も行わず経営的にも運良く軌道に乗ることができ、毎月売上の半分近くは勉強会につぎ込み、オステオパシー、操体法、エネルギーワーク、EFT(感情解放)、タッチフォーヘルス、ブレインジム、音叉療法、アプライドキネシオロジー、フィシオエナジェティックなど様々な手技や自然療法を学ぶ日々が約5年間は続く。
様々な手技を学ぶことで自分の軸となる理論・考え、目指すべき姿が形成され、現在はキネシオロジーを中心にした手技・自然療法を行っています。
なお、現在も宣伝という宣伝はしておらず、宣伝と呼べるものはこのホームページだけです。

院長 藤澤はどんな人物か?

自分の興味のあることだけを自由にやらせてもらっているワガママ施術家です(笑)
施術を受けるクライアントさんからは不思議なエネルギーを感じるとよく言われますが魔法のような不思議な能力は持ち合わせておりません(笑)ちなみに霊的なものも見えません。

手が熱いとか手からたくさんの気が出ているとも言われます。
はい、すべてただの気のせいだと思います(笑)分からないけど…汗
でも施術になると手が熱くなるのだけは認めます。

基本的に仕事でも趣味でも遊びでも夢中になると周りが見えなくなるほどハマり込むタイプです。
理論的に納得しても腑に落ちなければなかなか納得できずけっこう面倒くさい性格(笑)
その性格のおかげで趣味の釣りや仕事のカイロに対してもマニアックな知識を持っている。
突き詰めたい性格は物を買うだけでは物足りなくなりバラして中身を研究。
そしてまた組み立てるということまで行う。最近はもっぱら家のDIYに興味を持ち日々何をしようか模索しています。

毎年7月は祭り好きの野田人の血が騒ぎ、神輿モードになるため仕事を早めに切り上げ毎週のように故郷である千葉県の野田市まで神輿を担ぎに行く。
神輿を担ぎに行くよりガンガラを叩きに行く方が正しいかも(笑)
元々野田市の中野台という地区の出身であり母親のお腹にいた頃から中野台の神輿を見ていたためおそらくその頃から野田の神輿が好きだったと思われる。

皆さまへ

当院は院長1人ですべてこなす小さい施術院です。それ故に1日にこなせる施術人数にも限りがあります。
当院は接骨院・リラクゼーションのように流れ作業のように決まったことを行う施術方法ではありません。

症状を起こす原因は何か?根本原因を追究する本格的な手技療法です。
カイロプラクティック理論・哲学、テクニックなど上辺だけをなぞった浅いものではありません。
解剖生理学など基礎医学も今でも勉強しています。

痛み・不調の原因をカラダの歪み・骨のズレが原因だという科学的根拠のない説明で終わらせたくないと私は思っています。
そのため当院ではクライアントさんになるべく分かりやすく噛み砕きながら解剖学・科学性に基づいた説明とともにご自身のカラダを通して違いを感じていただくことをモットーとしています。
理論・考えだけではなく施術前後でここまでカラダが違うということを肌で感じてもらい、頭とカラダの両方から納得していただきたいと思っています。

現在、日本においてのカイロプラクティックは民間資格のため、名前だけの施術院や勉強会で少しかじった程度の知識でカイロプラクティックと称して自由診療を行う接骨院・整骨院も数多くあります。
そのような施術院は手技としての本物のカイロプラクティックとは程遠く、技術とは呼べない力押しのやり方、筋肉のほぐしが中心であったり、理論・哲学も深く学んでいないため、ひとつのアプローチ方法としてしか捉えていない中身の浅い施術院、いい加減の手技を行う施術院が圧倒的に多く存在しています。

カイロプラクティックのことを知らないクライアントさんからすれば、どの施術院がしっかりした技術・知識を提供しているのか?区別がつかないと思います。
そのため当院では技術はもちろんですが、骨模型や資料を使いながらできるだけ詳しく解剖学・科学性に基づいた説明をしています。
本物の手技療法家とはどういものか?技術面だけでなく説明や知識的な面も含めて評価していただけるととても嬉しく思います。