冷え症のメイン画像

  • 夏など暑い季節でも手足が冷たい
  • お風呂で温まってもすぐに手足が冷たくなる
  • 冬場は冷えすぎて痛いこともある
  • 靴下を履かないと眠れない
  • お腹が冷えることも多くある
  • 冷え性のせいか便秘気味

冷え性だからと言って冷たい手足を温めても根本的な解決にはなりません。
冷え性でお悩みのクライアントさんの場合、手足の冷え以外にも便秘や自律神経の乱れ、骨盤の歪みを確認することができます。
古河市の慢性症状専門整体院フジサワカイロプラクティックでは冷え性を起こす根本原因をキネシオロジーの筋反射テストを使って身体・栄養・精神・経絡など人間全体のバランスから整えていきます。

冷え性で来院されたクライアント様のご感想です!

その日はぐっすり寝れました!

久喜市栗橋(仮名)荻野 弥生 様 41歳 会社員

施術体験談11

普段は冷え症なのですが、施術後は足がポカポカで信じられなかったです。
そして本当にうれしかったです。
不眠症も良くなりその日はぐっすり寝れました。

冷え性について

冷え性の多くは男性よりも主に女性に多く見られます。
冷え性があるとほとんどの場合、手足の冷えの他にも下半身のむくみ、足のだるさなども出てきます。

冷え症の画像

特に腰から足先にかけての冷えは骨盤の歪みが大きく関係しています。
骨盤の歪みがあると「歪み」によって筋肉や神経などの働きを低下させ、血流の流れもどんどんと悪くなり、その結果、冷え性になってしまいます。
冷え性なると下半身に体内の老廃物が溜まりやすくなり、下半身のむくみやだるさといった症状も起こしやすくなります。

さらに骨盤の歪みは下半身だけではなく骨盤内に収まっている腸や子宮などの内臓の働きも悪くさせます。 そのため不妊症も冷え性による生殖器官の機能の低下が原因ということもあります。
内臓は自律神経が支配している部分です。
冷え性が起こることによって自律神経系の働きが低下し、自律神経失調症につながることもあります。
つまり冷えは万病の元とよく言われていますが、それには上記に書いてあるような理由があるからです。

このような様々な問題を改善するためには冷えている体を温めることがとても大切になっていきます。
そのためにはまず体を冷やす習慣を見直していき体を温める習慣を作ることが重要です。

冷え性対策

腰湯

カラダを直接お湯につからせることは冷え性の改善にとても有効な方法です。
お湯はかなり熱く感じるくらいの温度がいいでしょう。
なるべくなら45度ぐらい下げても42度の間で腰までゆっくりとつかります。
お湯の量は自分のおへそが隠れる程度の量がベストです。
リラックスしながら20~30分入浴します。
ここで注意していただきたいのはお湯につかっていない上半身を冷やさないよう肩にタオルをかけるなどして上半身が冷えないような対策をしていただけるとベストです。

このようにお湯につかるという習慣は毎日シャワーで済ませていると最初のうちはなかなか面倒くさいかもしれません。
しかし毎日じっくり腰湯を行うのとシャワー済ませてしまうのといったらどちらが体が温まるでしょうか? 「面倒くさい!」「時間がない!」と思うでしょうが本気で冷え性を克服したいのであれば出来ることです! あなた自身が意識して積極的に体を温めなければ冷えはとれません!
意識して体を温めていく習慣を身につけていきましょう!

腰湯を行い、徐々にカラダ全体が温まってくると代謝が良くなるため体に蓄積された老廃物が汗と一緒に流れるため冷えやむくみを解消してくれます。
そして、体のだるさもとれるためバテにくい体質改善にもつながります。

足湯

腰湯の他に足湯も冷え症改善にとても良い方法です。
バケツやたらいに43度~45度ぐらいの少し熱めのお湯をくみ、足を入れて温めます。特にたくさん歩いた日や常に立ちっぱなしの仕事をされている方に足湯はおススメです。

リフレクソロジ―(英国式足裏マッサージ)では足の裏にはたくさんの臓器の反射区があります。
反射区とは東洋医学で言うところのツボです。
ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるほど重要な筋肉であります。
足湯で疲れた足を温めることによりふくらはぎや足の反射区も刺激されカラダ全体が温まります。

つまり、足が冷えるとカラダ全体の冷えにもつながります。
なので日常生活でも足は常に冷やさないように心掛けるよう意識してみましょう!
足湯は「腰湯」のようにお風呂場で行う方法とは違い、あなたのお部屋やリビングでもカンタンに行え、テレビを見ながら、本や雑誌を読みながらと気軽に出来るのでとてもおススメです。

今では家電量販店などでも足湯専門の器具も売っているためそのような足湯専門のグッズを利用してみるのも良いでしょう!
その際はよりいっそう足が温まるようにゲルマニウムボールを入れても良し、よりリラックスさせ、ついでにお部屋の中もいい香りにしたければアロマオイルを垂らしてみるのも良いでしょう。

グレープフルーツを食べる

冷え性改善のためのお助けフルーツとして良いものがグレープフルーツです。
グレープフルーツ なるべくなら新鮮なグレープフルーツを食べましょう!
または100%のグレープフルーツジュースを飲んでもかまいません。
ここで注意することとしてグレープフルーツを食べる時も飲む時もお砂糖は加えないことです。
なぜならお砂糖はカラダを冷やす原因の1つです。
砂糖についての詳しい説明はのちほど解説します。

グレープフルーツにはたくさんのクエン酸が含まれています。
クエン酸はカラダの基礎代謝の速度を上げ、余分なエネルギーを熱に変換し、体内の老廃物の排出を促進してくれるのです。

砂糖を摂りすぎない

砂糖はカラダを冷やします。
なので、なるべく甘い食べ物や飲み物の摂取は控えましょう。
女性に冷え性が多いのは女性は男性に比べ、甘い物の摂取が多いということも考えられます。

特に洋菓子やケーキ、ジュースなどは大量に砂糖が使われているため毎日たくさん飲んだり食べたりするという方は少しずつでいいので控えていきましょう。
他にも精製された米・パン・麺類等などの主食となる炭水化物にも多くの糖質が含まれています。そのため食べすぎには充分に注意して下さい。
食後、急激に眠くなることが多い場合、米などの炭水化物を多く取り過ぎている可能性が高いです。

コーヒーを控える

コーヒーの飲みすぎは冷え症につながります。
コーヒーにはカフェインが入っているため、交感神経の働きを興奮させ消化器系(胃腸など)の働きが鈍くなるためその結果としてお腹の冷えにつながります。
コーヒーは元々南国の暑い国で作られている豆です。
コーヒー豆を作っている現地の人々は熱い国で自分たちのカラダを冷やすためにコーヒーを飲みます。

どのような食材でも元々のルーツを辿っていくとその土地に済む人々の環境に合わせて作られているものが多いです。
そのため南国に住んでいるわけでもない日本人が大量にコーヒーを飲めばカラダを冷やしてしまいます。
さらに濃いコーヒーに砂糖やミルクが大量に入ればなおさらカラダを冷やしてしまいます。
コーヒーを毎日たくさん飲む方は飲む量を少しずつ控えるように心掛けてみましょう。

マーガリンなどの脂肪は摂らない!

摂る脂肪分によってもカラダは冷えます。
特にマーガリンは百害あって一利なし!と言われているほどです。
どこかの国ではマーガリンを子供に与えてはダメ!というところもあるほどです。 マーガリンはトランス脂肪酸と呼ばれるとても有害な脂肪分です。
トランス脂肪酸を摂り続けると皮膚の温度が冷たくなり、血液の流れも悪くなるため、皮膚の穴が開かなくなります。すると、皮膚の毛穴が詰まるため、皮膚が炎症を起こし、アトピーにもつながります。 このようなことからマーガリンで使われるトランス脂肪酸は冷え性以外にも体内に悪い影響を与えるので避けましょう!

豚、牛の脂もなるべくなら避けた方がいいでしょう!
豚肉や牛肉の脂もカラダを冷やし、血液をドロドロにさせます。
冷めてしまった豚肉や牛肉の脂肪は白くなって固まっているのが分かると思います。
その油を口に入れてしまえば体内でその脂肪は体温の低い部分に脂肪としてどんどんこびりついてしまうのです。 その結果、様々な循環が悪くなり冷え性の原因の1つにもなるのです。

脂肪分はなるべくならお魚の脂肪を摂るのがベストです!
特に深海で摂れるお魚が良いでしょう。
お魚は冷たい水の中で生活しているので油がサラサラして体内の中で固まりにくいのです。
お魚が冷たい水の中で活動できるのは魚に含まれている油が冷たさに強く、冷たくても固まらないサラサラした油だからです。
人間もお魚の油を摂れば体内で油がこびりつくことはマーガリンに比べあまりありません。
マーガリン、豚肉、牛肉など体内で固まりやすい油よりも積極的にお魚から脂肪分を摂るように心掛けてみましょう。

南国で取れたフルーツの摂取を控える

南国のフルーツもカラダを冷やします。
フルーツ バナナ、マンゴー、パパイヤ、パイナップルなど…
他にもあると思います。
南国のフルーツもコーヒーと同じく現地の人々がカラダを冷やすためにとる食べ物です。

南国のフルーツは適量なら大丈夫ですが食べ過ぎるとカラダを冷やしてしまいます。
毎日フルーツを食べるという方はなるべく食べ過ぎないように注意してみましょう。

適度な運動をする

運動不足は新陳代謝が低下する他に、筋肉機能の働きなども低下させます。
適度な運動 筋肉活動がうまく行かないととカラダを発汗させる活動能力も低くなってしまうため体内の老廃物が溜まりやすくなり、血液の流れなども滞ってしまいます。

そこで筋肉活動を高めるために毎日少しずつでいいのでカラダを適度に動かしてみましょう!
ラジオ体操などのカンタンな体操で構いません。
毎日20分のウォ―キングでも構いません。
なるべくカラダ全身を使う軽い有酸素運動を行うことが望ましいです。

軽い運動でも毎日続けていけば日頃運動しない人よりも長い目で見ればかなり差がついてきます。
カラダを動かすことは脳にも酸素を与え、リラックスさせるのでストレスの解消にもなるのです。
「体」と「心」は常に一緒につながっており体が病めば心も病むその反対に心が病めばカラダも病んできます。
フジサワカイロプラクティックではストレス解消や体質改善のためのストレッチや体操法の指導も施術と合わせて行っています。

冷え性へのアプローチ

自ら治っていく整体

冷え性の原因は様々ですがカラダの問題から観ていくと骨盤の歪みが大きく関係しています。
フジサワカイロプラクティックの整体は「症状」を追うのではなく「原因」に対してアプローチしていきます。
冷え性の根本原因は冷えがある部分にあるとは限りません。
ほとんどの場合、痛みのある部分から離れたところにあり症状はあくまで結果として起きています。
冷え性改善に本当に必要なことは痛みや不調を起こしている根本原因を取り除くことです。
痛みや症状は追わないけれど、それが結果として本質的な冷え性改善に繋がります♪

当整体院ができることは根本原因を取り除き自然治癒力の働きを高めることです。
その証拠としてあなたのおカラダは症状の改善に向かうため自然と自ら治っていくのです。

整体を受けるとあなたの冷え性はこうなります!

  • 体の芯からポカポカしてくる!
  • 冷え性を起こしていた原因が分かった!
  • 冷え性の対策方法が打てるようになった!
  • 汗が出るようになった!
  • 夏場のエアコンの風でも冷え性を乗り切れた!
  • 以前より冷たさを感じることが少なくなった!
  • 湯船で温まった状態が続くようになった!

施術を受けるとどうなるの?

冷え性があると冷え性に関係する筋肉が緊張を起こします。
特に多く見られるのは骨盤周りに付着する足、臀部などの筋肉です。
ほとんどの場合、足・臀部などの骨盤周りに付着している筋肉のどこかにコリや張りを確認することができます。

施術後はコリや張りのある筋肉が一瞬にしてフニャフニャとつまめるぐらい柔らかくなり押されてもつままれても痛くないという感覚まで変化します。
他にも関節の可動域の増加、圧痛の減少、弱かった筋肉反応が強くなる、手足だけでなくお腹も暖かく感じるなどの変化を感じることが出来ます。

体質的な変化では筋肉内で溜まっている乳酸(疲労物質)も上手に排出されるようになるため、筋肉の緊張がほぐれ、酸欠が改善されます。
酸欠が改善されることで血液の循環が良くなり、寝てもなかなか取れなかった疲れが取れるようになり、人間本来の姿である寝れば良くなるという状態に近づいていきます。
その結果として冷え性が改善されていきます。

施術後はおカラダが少しだるく感じたり、眠くなることがありますがおカラダが変化している証拠です。施術を受けた当日は無理せず、ゆっくりお休みいただくのがベストです。次の朝、起きた時に、さらにおカラダが軽くなっているのが実感できます♪

※ 整体が不適応な症状は医療機関の受診をオススメする場合もあります。

当院があなたにできること

  • コリが緩まり、関節の動きが大きくなるなどの変化を体感できます
  • 寝ればカラダが休まり、疲れが取れる人間本来の状態を目指せます
  • 毎回200~300項目の徹底した検査で根本原因を炙り出します
  • 優しい整体刺激で瞬時にカラダが変わる本物の手技を提供します
  • あなたにとって必要なアドバイス・説明をしっかり行います
  • あなたにとって必要な様々な気づきが整体を通して得られます
  • カラダだけでなくスピリチュアルな部分からもラクになります
  • 身体・食・精神・環境など人間全体のバランスから整えます

中には人生が変わった!とまで喜んでくれたクライアントさんもいます♪

納得して施術を受けて頂く為の説明にお時間をかけています

古河市内で数ある整体・カイロ院の中から当院を選んでいただいたクライアントさんにはここでよかった!と喜んでいただけるようにお子様でも気持ち良く受けられるやさしい高度な整体アプローチを提供することはもちろんですが出来る限り安心して気持ち良く当院でのお時間を過ごして欲しいと心がけています。
あなたの気持ちや訴えたいことに寄り添っていき症状の原因を導いていけるよう時間をかけて具体的にお話をうかがっていきます。

そして、カウンセリングと整体を進めながら「自分自身のおカラダの状態」「症状の原因」「何を目的に施術し、どういった経過をたどって改善していくのか?」「今後の施術計画」「改善アドバイスと提案」など、出来る限りあなたが知りたいと思うことを具体的に分かりやすく納得できる説明を心がけていきます。
クライアントさんと術者が安心できる関係を築き、お互いに納得しながらスムーズに整体ができるようになると不思議と良い結果も早く現れます♪

あなたの不安や疑問に思っていること知りたいことに耳を傾け納得できるお答えを出しながら良い結果が早く出るようにぜひ一緒に改善に向けて取り組んでいきましょう!
カウンセリングや問診の時間は出来る限り安心して気持ち良く施術を受けられるように時間を取らせていただきますのでどのような事でもご相談いただき不安のない状態で施術を受けていただきたいと考えています。

症状改善の目安

施術計画として当院では集中的な6回の通院を症状改善の目安としています。
人によっては1回の施術で驚くほど痛みがなくなり今までのつらさがウソのように感じてしまう方もいらっしゃいますが、痛みが根本的に解消されたわけではありません。
痛み・つらさが起きている期間が長く続いていると脳が痛みやつらさがある状態こそが正常な状態だと記憶してしまいます。 たとえ1回でラクになったとしても脳はカラダをまた悪い状態へ戻そうとします。
だから、痛みがなくなったからといって1回で終わりにしてしまうとまた痛みが再発するという悪循環からなかなか抜け出せなくなります。

その他の理由としては、
・1回1回の施術間隔が空くと良い結果が出てもまた悪い状態へ戻る確率が高く、早期改善が難しくなる
・症状が長期化していると脳が正しい状態を認識するまでに時間がかかる。
・1回では根本からの改善はできない。回数を重ねながら段階を経て施術を行う必要がある。
・痛みをとるだけのその場しのぎを目指すのではなく根本からの改善と再発防止が目的のため

この悪循環を断つためにも6回までは集中的に整体を受けていただくことを強くおススメしています。
個人差はありますがほとんどの方が6回の集中的期間の施術で今までつらくてできなかった家事や仕事、趣味や運動がスイスイ出来るまでに改善されています♪

日常生活に支障なくなるまでのバランス

症状の改善スピードは根本原因が浅ければ浅いほど早く改善へ向かいますが、根が深ければ深いほどお時間はかかります。
なお、施術効果には個人差があることもご了承下さい

冷え性の改善スピードが遅い場合

「1回で驚くほど痛みが取れた!」「1回でほぼ改善したと思える!」という方もいらっしゃいます。
これは先ほど書いたとおり、痛みが根本的に解消されたわけではありませんが体質、症状期間、対処、習慣、年齢などが影響しています。

  • 睡眠不足など生活が乱れている方
  • ストレスを感じている方
  • PC・スマホなど仕事・プライベートで良く使う方
  • 暴飲・防食など食生活が乱れている方
  • 頭痛や鎮痛剤などのお薬を常時服用している方
  • 仕事の往き帰りだけで運動不足と思われる方
  • 寝室など自分の身の周りが乱れている方
  • 虚弱体質で免疫力が低い方
  • ご高齢によりカラダの動作が鈍くなっている方

上記の方は症状の改善はもちろん根本からの改善スピードも遅くなる可能性があります。
習慣の見直しも、またカラダの改善には必要不可欠です。

整体施術によるカラダのアプローチは全力でお手伝いできますが、それ以外の生活習慣などについてはご本人様にも見直してもらう必要があります。
施術に対しての責任は私が持ちますが、日頃のカラダのケアや生活習慣の改善はあなた様ご自身の問題ですので、そこはご自身でも責任を持ってお互いに力を合わせて一緒に根本から改善していけるように頑張っていきましょう!

冷え性のない生活を!

冷え性についてのまとめ
  • 冷え性なると下半身に体内の老廃物が溜まりやすくなり、下むくみやだるさも起こしやすくなる
  • 体を冷やす習慣を見直し、体を温める習慣を作ることが重要
  • 腰湯・足湯でカラダを芯から温め、よく口にする飲み物・食べ物を見直す
  • 筋肉活動を高めるために軽い有酸素運動を行うことが望ましい

当院のこのページをご覧になっているあなたは長く冷え症に苦しんでいたりマッサージに行ってもその場しのぎという状態ではないですか?
人によっては痛み止めなど「薬などに頼りたくない!」「根本からカラダを見直していきたい!」という想いで当院のホームページにたどり着いた方もいるかもしれません。
痛み・不調がカラダに現れているということはカラダからの何らかのサインではあり危険信号です。 危険信号を発しているのに薬で痛みを抑えてしまっては本当の原因の解決にはなりません。
その日その時だけのその場しのぎの状態で冷えをこのまま放っておくと手足の冷えだけではなく他の症状も出てきてカラダ全身に症状が現れたり体質的なトラブルも起こしやすくなります。

つまり、冷えの影響からカラダ全体が歪み始めます。

身体から出る症状はそろそろ疲れが溜まっているというカラダからのサインでもあります。
カラダの冷えがツライ!ということは冷えというサインが出ているということです。
この「冷え」のサインが今以上に強くなる前にカラダを整え、体質を改善していきませんか?